スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らふてぃんぐ

2010年10月10日 10:00

遊びましょうよ



と、篠Pからメールがあった。
日曜月曜と休みだからいつでもいいぞ、と返信すると月曜にしようとメール。
車かい?飯かい?それとも飲みにいくんかい?


『かわくだりしましょう』

どれもちがったーーーーって、
えっ?か、川下り??????

なんだか分からないが、手順を2,3コ飛ばしたかのような錯覚に陥る。
私達は気軽に川下りなどというアクティブ代表、アウトドアの担い手のような事に『んじゃ次の月曜で』なんて気軽にいくようなメンズであっただろうか。
川下りに行くとなると、少なくとも3ヶ月前には決め、その日に向けて入念に準備を始める。
例えば遭難した際の非常食・いつでも浮けるように携帯用浮き輪・万が一水に落ちたときの為の防水クリーム・向こう岸まで泳ぎきる為の筋肉・海に流れ着いた時の魚を釣る釣竿・アメリカまで漂流した時の英会話帳などなど・・・万全の準備を整えた上で、当日になって『やっぱ・・・やめよう』とでも言い出しかねないインドア派だったはずだ。
それがあんた、かわくだりなんて。KA・WA・KU・DA・RIだなんてっ!


ところで、りゅぢ氏はぢつは川下り、いわゆるラフティングをしたことがある。
ちょいと旅行先のネパールでやった。えぇ、ネパールで。ネパールでやったんだ。
諸君、あぁ諸君。キミ達はりゅぢ氏をどのように思っているか、インドア派代表のように思っているのではないか?
旅先でも引きこもっている、そんな携帯空間・移動するパーソナルスペースな人間だと思っているのではないか?
どっこい、私だって時にはアクティブに恋をしたい。
ネパール行ってラフティングだってするものさ。

これは楽しい。


飲みに行く?と聞いて川下りしようと返信いただいたときは正直面食らったが、時間がたつにつれ、もうワクワクである。
心がWAKUWAKU、胸がDOKIDOKI、興奮でそりゃもうそそり立つ以下省略である。

船出をしよう。
人生、オモシロきコトをする以外にすべきことなぞ全くない。
さぁ漕ぎ出せ、私の漕ぎ進む先が私の向かうべき道である。

とりあえずまだやってもいないのにテンションはクライマックスを迎えている。
ココが頂上だ、あとは下がる一方。
明日の当日、下がりきっていないコトを祈る。
やっぱ止めようとか言い出さないことを祈る。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。