スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゼルバイジャンは民家でした。

2006年04月18日 22:12

アゼルバイジャン大使館に行ってきた。
ごくごく普通の民家だった。
旗がなければ、まったく気づかないであろう普通の住宅。

ビザの申請で着いたらまずやること。

ピンポンを押す。

しばらくすると、おっさんが出てきた。
うちにですら受話器があるのに、、、


今日の哀しみ。。

ビザ申請の為、大使館(住宅)にあがろうと靴を脱ぐと、

“ヌガナイデイーヨォ”

って言われたこと。


アテンションプリーズ!

上戸彩が泣くほどかわいかった。
泣いちゃおうかな・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。