スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾瀬はるか『ICHI』(ネタバレ)

2008年10月26日 09:00

座頭市女版、綾瀬はるか主演のやつを観にいってきた。

最近あんま見かけなかった電波少年窪塚くんや、もはや中国人の中村獅童が共演。


なんつーかなぁ、ナイトショーで夜の12時半からのをわざわざ観にいったのに、それほど面白くなかったというか、うん、面白くなかったよ。

ストーリーに魅力がないんだよね。

んでもって、ストーリーに魅力ないんだからせめてアクション頑張れと思うけど、スローモーション多用しすぎで爽快感まるでなし。

スローモーションはカッコいんだけど、スピード感を殺しちゃうから使いすぎはよくないよ。

綾瀬はるかの運動神経がいまいちなのかわからんが、ばっさばっさ切る的なシーンは皆無だった。


さらに言うと、刀の抜けない侍を大沢たかおが演じるのだけど、抜けるようになった理由が分からない。

さんざん抜けなかったのだから、これ!といった理由が欲しいところだが、最後にひょこっと出てきて、あれ?抜いたよ。ってそりゃないぜ。

そして、なぜたかお死ぬんだ?

生かしてイチと暮らしてハッピーエンドでよかったんじゃないか?シリーズ化を狙ってんのか?無理だとおもうよ、つまらんもん。


中村獅童はもうあの顔しかできないのだろうか?

先日観た『レッドクリフ』と同じ顔してた。

劇中では万鬼という役柄をしてたが、一度倒されたのに立ち上がってくる不死身さが謎。

物凄い深手を負ったのに、立ち上がり市にたいして『何度やっても同じだぁー』という台詞も謎。

『何度やっても』ってあんた、そんだけ手負ってればだれでも倒せるって。


概して、よくあるストーリーでアクションもダメ、映画館に行くほどでもない。

よかったとこといえば、衣装がかっこいいくらい?

外人にはうけるんじゃない?衣装のきらびやかさが。

あーでも綾瀬はるか意外と好きだから、戦う女ってとこで良しとするか。

小汚いカッコしてんだけど、それはそれで良い。

綺麗な服を着て、髪をちゃんと結ってでてきて、その美しさのギャップに皆がハッとする的なシーンがあったけど、綾瀬はるかは髪を下ろしてた方が可愛く見える。髪あげるとアゴがね。



『何切るかわかんないよ、見えないんだからさ』


もうちょっと、この台詞もったいぶってもよかったんじゃない?

あっさり冒頭でいいすぎ。冒頭はいいにしてもあっさり言いすぎ。

これを聞いても、『かっこいい!』と思うより、『このコに包丁持たせたの誰?』くらいにしか思えない。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。