スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほとんど茶碗に浮かぶ父さんのようだ

2012年09月25日 03:36

あの記憶は風の中、それと夢の中



タイ料理を食べに行った。
あらかじめ店を決めていくのがどうにも億劫なりゅぢ氏は、まぁあるだろうという事で毎回高田馬場に赴くことになる。東京でアジアン料理といえばここ高田馬場か大久保のどちらかであり、新宿から見ると新宿→新大久保→高田馬場なので、遠い方に行っとけばなきゃ新宿方面に歩いてくりゃいいってわけで合理的だ!と自分では思っている。あらかじめ店を決めてから行った方がより合理的なのも分かっているが、それはできねぇ、なんでかできねぇ。
最近わりあいタイ料理もしくはミャンマー料理を食べる機会に恵まれており、いつも早稲田大学方面に行ってたので今回は逆側に行ってみようと思った。
そこで思い出されるのははや10年近く前の記憶。あの頃教授から紹介されたミャンマー人にしつこく教会に行こうと誘われて、とうとう断りきれずに行った初めての教会。ここじゃねぇか高田馬場。教会に向かう道すがらタイ料理の看板を見かけて、隣歩いてるミャンマー人に『タイ料理食いたいですね』とも言えずに、なんだか気まずい思いをしたような・・・。
そうだ、あのタイ料理屋、こっちじゃなかったっけ?今こそリベンジを。ボクは執念深い男なんだぜ!と、記憶を頼りにたどり着いた先はカレーの匂い漂うインド料理だった。

おかしい。

何故インド料理屋がここにあるんだ?ふむ、変わったか。昔はタイ料理だった、しかし今はインド料理になった!!やられたなーうわーやられたなー。単に記憶違いの可能性を払拭するためだけに誰に向けてでもなしに、『やられたなー』を口ずさむ。もとからインド料理だったのか。あれ?そもそもあの教会は高田馬場だったか、大久保だったか?曖昧模糊の模糊の部分がモコモコ盛り上がってきてむにゅーっと押しつぶされそうになるので、その場を後にしていつもどおり早稲田大学側に行く事にした。いつもどおり、これが安心クオリティ。
そしてタイ料理屋を探すも途中で気分もリフレッシュして入ったのはミャンマー料理だった。もうね、予定とかほんと未定なの。立てるだけ無駄なの。
一般的に、タイ料理もミャンマー料理も大して変わらねぇと思われてるだろうけど、ミャンマー料理はさほど辛くない。インドの影響も多分に受けているので、タイ料理とはちょいと違うんだぜ。でもどっちがうまいかと言ったらタイ料理だろうなぁ。
今回行ったお店は恐らく初めて行ったと思うけど、普通においしかったよね。特筆する事がないくらい普通においしかったよ。ただ残念な事にデザートがなかった。これはたいへん遺憾だ。そしてお酒も飲んだことだし、キュッとコーヒーでも飲んでスッキリして帰りたいもんだ。

デザートとコーヒーのおいしい料理。

これはもうベトナム料理でしょう。残念ながらミャンマー料理でデザートが思い浮かばない。プリンとかアイスをよく食べてた気がするけど、なんかアジアンな物を期待している気持ちを台無しにするラインナップだ。そしてコーヒー。お隣のラオスなんかはコーヒー有名なんだけど、ミャンマーはコーヒーより紅茶なんで、喫茶でコーヒー頼むとネスレの『3 in 1(スリー・イン・ワン)』ってヤツが出される。コーヒー・砂糖・ミルクがあらかじめブレンドされた粉のインスタントだ。紅茶は茶葉から抽出してるのに、コーヒーはこのスリーインワン。甘いんだ。砂糖もミルクも入ってない普通のコーヒーが飲みたくなって、若干いけてる感じのお店にわざわざ行ったのにこれが出てきて『って、スリーインワンじゃねぇか!!』ってちょっと変わったキレ方をしていた。そんくらいコーヒーは力が入ってない。

で、探してベトナム料理店に行ってきた。
『デザートあります?』と聞くと「バナナパンケーキかチェーがあります」とのこと。バナナはありえないな、バナナは食べたくないよ、好きじゃないしねバナナ。ところで『チェー』ってなんだっけ?

「チェーは日本で言うと・・・白玉です」

白玉!いいね、それ。そういうの求めてたんだ!白玉。チェー。チェーください!
そして出てきた待望の『チェー』。



・・・でかいだろう、白玉。でかすぎるよ。目玉のオヤジみたいになってんじゃん。
これが甘かった。白玉の中にはなにか入ってるんだけど、『イモですか?』って聞いたら「大豆です」ってさ。へへっ、まったくアテにならねぇ舌してんなオレ。
しかし、まぁそんなもんを全て吹っ飛ばすかのように、ベトナムコーヒーはさらに甘かった。沈殿している白い部分はコンデスミルク。コンデスミルクを入れて、その上からコーヒーを入れるのが東南アジア流。
激甘。ノドがカーッってなる。こんなに甘いもんだったっけな?まったくもってスッキリしない。コンデスミルクは殺し屋だった。

前にベトナム行った時、やっぱり甘くないブラックのコーヒーが飲みたくなって、でもどこの店もベトナムコーヒーつまりコンデスミルク入りのものしかメニューに載ってなくって、『ブラックコーヒーできますか?』って聞いたら「それはできません」って言われた。
お前がコンデスミルクを入れるのを我慢すればいいだけだろ!とは思えども、なんかこだわりあんのかな?結局できません、だった。


そして気になったメニュー。



牡蠣の『パター焼き』。
これバターだよね、多分。いやしかし何かしらアジアンな食材でパターってのがあるのかもしらん。うかつに『おいおいこれ間違ってるよ、バターちゃうんかい』なんて突っ込んで「いえ、これはパターです」なんていわれたらいい赤っ恥だ。教えて!グーグル先生!
調べてみたらでるわでるわで『パター焼き』。
パター結構あんじゃん。ホタテのパター焼きとかもあるし。へーバリエーションがあるんだな、パター。
危なかった、迂闊に『パターじゃなくてバターだろ!』なんて突っ込まなくてほんとによかった。知らなかったけどあるんだね、パター焼きって。

んじゃあ『パター焼き』ってなんなのさ?一体パターとはなにか?材料の所を見てみると・・・


牡蠣・バター・塩・・・

材料はバターなんだけど、出来上がったものはなんでかパターになってる不思議。
スポンサーサイト

靄もや

2012年09月10日 10:26

てめぇは石鹸を使いやがれ



最近、父がシャンプーを使い始めてムカつく。まぁいんだよ?まちがっちゃぁいない。髪を洗うのにシャンプー使う、何が間違ってるっていうんだい?

しかしだ、父くらいの年代だと石鹸で全部洗う、頭から足先まで石鹸一個ですべて洗う、それがわりと普通じゃねぇか?長年そうしてきた。例に洩れずに父はそうしてきたのにここにきてなぜ!?

私が小さい頃は、まだボディソープが一般的ではなかったように思える。身体を洗うには石鹸、タオルに石鹸を馴染ませて泡立たせる。

石鹸に髪の毛が!
父が頭を石鹸で洗うから!

そんな憤りを胸に、気持ち悪いから石鹸に着いた髪の毛を一本一本取り除いてからタオルにくるんで泡立たせたものだ。それはそれはとても嫌な作業だった。
今となっては当たり前のようにボディソープがあるので石鹸が髪の毛まみれだろうがなんだろうが、好きにしてください。余裕の態度でタオルを泡立たせる毎日であった。

が、ここにきて、父がシャンプーを!!

お前、何、しゃれっけづいてんの?

どうにもあろうことか、ボディソープまで使い出したらしく、お風呂上りの父はちょっといい匂いすらしてなおムカつく。何しゃれっけだしてんの!?

ここ数年剣道だらけの人生を送ってきた父が社交ダンスにのめり込みだし、「俺の人生は剣道が一番、ダンスなんて2番でも3番でもない、5番くらいだ」と豪語するものの、剣道には家を出るのももう遅刻してんじゃねぇか!ってくらいグダグダしてるくせに、ダンスの方は早すぎない?まだ1時間も前だよ?ってタイミングでウキウキと出かけて行く。どっちが1番でどっちが5番?な状態である。
どうにも男性が少なく、また年齢のわりには背筋がシャキッとしてて精力的な感じの為、チヤホヤされてて楽しいらしい。

「父さんな、意外とモテるんだぞ。女が父さんを取り合って喧嘩するんだ」

その中学生でも言わない恥かしいセリフを吐く自慢気なツラを2,3発ぶん殴って小麦粉かけてやりたい。お世辞をマトモに受け止める浮かれた頭にたっぷりレモン汁かけてサッパリさせてやりたい。

それでシャンプーか!ムカつくじゃねーか。

原点にもーどーれーよー、お前は石鹸でい~んだよー。石鹸使えよ。ムカついてしょうがないんだよー。帰ってこーぃ。

心は雄叫びをあげるもその声は届かず、ダンスに行く前は必ずシャワーを浴びる父であった。70を前にしてしゃれっけを出す父にノンストップMUKATSUKI!!

ひと手間加えた方が良いものは加えなくてはならない

2012年09月07日 13:29

カルチャーショック



もう大分前のことだが、10年近く前ネパールに滞在してた時に宿の女の子が袋のインスタントヌードルを生で食ってて死ぬほど驚いた。いや、もしかしたら知らないだけで日本でもオーソドックスな食べ方なのかもしれないが、うちの家では『お湯に入れないと食べれない物』としての確固たる地位を築き上げていたので、こんな食べ方をするなんて間違ってね?さすがネパール。と妙に納得したものだった。
あれから10年近く経って急遽思い出して、『一体ほんとにおいしいのか?』という疑問を解消すべくインスタントヌードルの袋を手に取った次第。『世の中知らない方がいい事もある』と人は良く言うが、これはさらに下層ランクの『世の中の知らなくても別にいい事』に属することだろう。平たく言えば、どうでもいいことに尽きるがしかし!それでも知りたい、ワシは知りたいんじゃぁ~。

まずここに至った経緯は、韓国ドラマでよくラーメン食ってるんで食べたくなった。それなので近所のディスカウントショップに行ってみると、韓国ラーメンがピンキリだが高いのは1袋200円以上の値段で売っていた。まぁめったに食うもんじゃねぇし高いの買おうと籠に入れた。レジに向かう途中に見かけたのは『yumyum』の文字。


yumyum(ヤムヤム)

タイラーメンでございます。屋台文化がたいそう栄えているタイの国で、夕食時にふらりと寄った屋台ラーメン屋。うわぁ辛い、でもうめぇ。なんだろう?トムヤムクンみたいな味で、ちょっと癖があるけどうまいなぁ。タイ料理うめぇなぁ。しかし辛い!と、至極ご満悦で食べ終わり、ごちそうさんと席を立ったときに見えたyumyumの袋。

インスタントやないかい。

そんな辛くない、むしろ苦い思い出を誰しもお持ちでありましょう。そのyumyumが5袋入ってなんと198円で売っていた。・・・おまっ、だいぶ安くない??韓国ラーメンの1袋より安いぞ。大丈夫かyumyum。なんか投売りされているみたいだ。

中略

さて、私の目の前にはそのyumyumがある。中身だが、麺・粉末スープといたってオーソドックスなものと、『コチジャン的ななにか』といたってオーソドックスではないなにかが入っている。この『コチジャン的ななにか』は真っ赤であり、別に袋が破けているとかそういうわけでもないんだが、なんだか油っぽくぬるっとしてる。染み出ているのか?と疑問を抱くも当然で、乾燥した麺が若干赤く染まっていた。そして袋にはタイ文字と『yumyum』の文字。ん?これがyumyumなのか?この小さな袋に入った赤いなにかがyumyum本体なのか??

今回はお湯を入れずにスナック感覚で食べてみようという趣旨なので、麺を軽くコナゴナにしその上に粉末スープをザバーっと入れてみた。


は、鼻、鼻が、イタイっ!眼、、、眼が、眼がぁぁぁぁぁ~~~~~!!!

ムスカになった。いやもうびっくりしたよ。インスタントヌードルに粉末スープ入れたらオレ、ムスカになったから。
すんげぇの。唐辛子か?しみるしみる。んで『コチジャン的ななにか』を入れたら想像してた味とかなりかけ離れた味した『なにか』だったみたいで、喉を通過しがたい『なにか』になった。目の前にあったラーメンが、喉を通過しがたいなにかに急変した。
さらにいうと味がめちゃくちゃ濃い。そりゃお湯で割って食ってるもんをお湯入れねぇんだもん。そりゃ濃いわ。粉末の量を調整しなくちゃいけなかったんだな。
味の濃いなにかが喉を通過しがたいなにかでおいしくない。八方塞じゃないか。なんで私は初めての挑戦でこんなにハードルの高いものを選んでしまったのか?サッポロ一番とかでよかったじゃーん、タイラーメンとかワールドな方向に行かずに慎ましく札幌市で一番くらいの小さいスケールに収めておくべきだった。

結論
インスタントヌードルはお湯に入れたほうがおいしい。だいぶおいしい。だが仮に生で食べたくなった際は、粉末スープの量に注意すべし。液体っぽいスープは入れないほうが無難。特にyumyumの文字が見えたら要注意。


お湯あるんだし、お湯入れて食え。ないんだったらしょうがないけど、お湯あるんだったら何も茨の道を歩く必要はないだろう。

言葉のサラダボウル、曰くビビンバ

2012年09月04日 15:14

スッと一本、筋の通った男



言葉遣いってもんがあって、丁寧な言葉、乱暴な言葉、丁寧すぎてむかつく慇懃無礼などなど、受ける印象を自由自在に変える事ができるんですよ。

いつか電車で文庫本を開いてるりゅぢ氏のもとに「趣味は読書です」って左利き乙女がどこぞの駅で乗ってきて、俺の読んでる本をみて「サリンジャー?」って小首をかしげて聞いてくるんだけど、突然に目の前に現れた左利き乙女に驚いたあまり本を落として走って逃げちまうりゅぢ氏。慌てて落ちた文庫本を拾った左利き乙女は急いで追いかける。ちくしょー!なんだってあいつは追いかけてきやがるんだ!?赤面のまま逃げるりゅぢ氏、落ちた本を胸に抱えて追いかける左利き乙女。逃げる、追いかける、逃げる逃げる、追いかける追いかける。ホームを飛び出し街を駆け抜け、丘を超えて海を傍目に砂浜には足跡ふたつ。風に揺れる何かしらの植物が見渡す限り生えている原っぱで、彼女はボクに追いついて、息を切らせながら本の表紙をこっちに向けてこう言った。

「ら、ライ麦畑で、、捕まえた

そんな日がくることを首を長くして待っているのでポケットにはいつも文庫本、本が好きな人というキャラ作りも欠かさずしている私なだけに、なかなか日常において言葉遣いには気をつけているつもりと言えないこともないかもしれないかもしれないかな。
やはり愛すべきは脈々と受け継がれてきた言葉、流行りに流されすに美しい日本語を使いたい。なんせ相手も本が好きな左利き乙女、きっと綺麗な言葉遣いがお好きでしょう。そう思って日々精進していますが、先日同年代の方に、「敬語使わなくていいですよ、同い年ですよね?」と言われた。
えっ?おれ敬語使ってた?そんなつもりは全くなかったんだがね、、、

まぁしかしなんだ?丁寧な言葉遣いをするように心がけてるし、それが勢い余った、みたいな?勢い余りすぎて敬語になっちゃった?みたいな感じなのかなーなんて思ってたら、どうやら雑と敬語を織り交ぜてしゃべってるようで、一体どっちなのかよくわからん状態になってる私の言葉遣い。
そういえばだいぶ前から、「親と話す時敬語なの?」と友人に驚かれてたし、その一方で「言葉遣い、あんた汚いじゃん」て蔑まれたりと、もうこれは本人の思惑外、とっても思惑外な出来事となっている。


総合して考えると、つまり私、りゅぢ氏はキャラがブレている。
まだキャラ模索中、なんて甘いこと言ってらんない。気づいたら墓の中で曖昧居士なんて中途半端な戒名つけられて、思い出話は「どんな人だったかイマイチわからない」になってしまう。

これはいけない。やはり一本ぐっと筋の通った、まさに「俺流」的な確固たるキャラを確立しなくては!
アニメーション的に考えると、回を重ねるごとに出番が減り気づいたら消えているキャラ、つまりは連載初期の「読者の反応手探り中」なわけで、ここらで一発テコ入れをしなくてわっ!


そういうわけで、眼鏡(ダテ)をかけることにした。

キャラは確立したが、今度は人として軸がブレている。

週末暇ならパンを焼け

2012年09月03日 06:26

世代交代



私は悲しみにくれている。なぜなら電子レンジが壊れたからだ。
とは言え15年近く使い続けたいわば老兵、その老兵を酷使につぐ酷使、引退間際の老体に鞭打つかのように使い続けた結果がこれだ。
なんにせよ先週末パンを焼きすぎたようだ。老兵フル稼働、『もう無理っす』とばかしに断末魔のため息のように電子レンジは息を引き取りうんともすんとも言わなくなった。
実際問題、人生において『すん』と言う日はくるのだろうか?

「黙ってるんじゃない!うんとかすんとか何か言ったらどうなんだっ!」

『…すん』

と言われたらムカつくじゃないか?しかし『すん』でもいいから言ってくれ。大きな声で元気に『すん』と言ってくれ!そう願えども電子レンジは沈黙を守り、どうやら彼岸に旅立ったようだ。

私のパン焼きライフは終わった。

それからというもの私の生活は荒れに荒れた。紫煙を燻らし酒に溺れた。溺れてはみたものの、ものの缶ビール1本で思春期がごとく顔を赤らめ、まるで洗面器で溺死するかのような溺れようだ。これぞエコ。さらにいうとビールだけではなくコーラも飲むので今流行りのハイブリッドというやつだ。実に優しい。とても環境に優しい。
だがその行為はデカダンである。破滅に向かい最後は檸檬で全てを爆破する心持ちだ。私の生活は着実に世界の終わりに向かっていた。

しかしだ。パンを焼けないとなるといかにして世界の終わりを待つべきか?このままではいけない、そう思って一念勃起、新しい電子レンジを買った。
それが先日届いたのだ。

そしてパンを焼いた。

香ばしいパンの香りが漂うと世界の終わりなんかどうでもよくなってきた。最後の爆破用に取って置いた檸檬は不必要になり、隣の家に投げ入れた。爆発音とともに崩れ落ちる隣家をみながら食べるパンがとても美味しい。

あなたがもし私と同じように世界の終わりを感じたら遠慮せずに私の家のドアを叩くといい。焼きたてのパンを食べさせてやろう。一口食べれば感じた終末なんて何かの気のせいでたんなる週末だったことに気づくだろう。
素材にも作り方にも、焼き方にも、一から十まで細心の注意を払っていないパンだがなかなかうまい。

小麦は近所のディスカウントショップで買いました。
こねるのはメンドくさいのでホームベーカリー使ってます。
焼くのも見た目で判断しています。

まだまだ世界の終わりはやってこない。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。