スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燕雀は鴻鵠の志を知らない

2012年08月27日 06:16

成長してない



姉の子供は小学校三年生になるらしいのだが、甘やかしすぎてるせいかだいぶガキっぽい。
いまどきの小3を知らないので比較が難しいが、俺がその頃はすでに死線のひとつやふたつ、友の屍ひとつやふたつ超えた後だったと記憶するがなにかの勘違いだろうか。
ともかく非情な街で暴力に抗い、悲しみを押しつぶしてきたりゅぢ氏に比べると、彼が好きなものは『お店屋さんゴッコ』という軟弱なもので、なんとも嘆かわしい。
それはいわゆるオママゴトで、多少商品にみたてたものをおくこともあるが多くは互いの想像力に頼った仮想ママゴトを強引に他人を巻き込んで行う迷惑至極なお遊び。


「なんか買ってくださーい」

突然それは哀願という形から始まる。うちの人はそれに付き合うほど大人な人間はいないのでがん無視していると、「なんか買ってください!」と逆ギレ恫喝が始まる。

「ねぇ!なんか買ってよ!」

こうまでくると買わないと終わらないのでようやく重い腰をあげるのが我が家である。

『じゃあこれください』

もちろんバーチャルでそこには何もない。

「200円です」
『えっ、これが200円?安いなぁ』

下手くそな小芝居つきだ。そうしてお金を渡すと姉の子供はありがとうございますーといいながら、おつりを出すふりをした。


「はい、おつりの500円です」


おつりの500円

えっ、俺いくらだしたの??
200円のものを買っておつりで500円くるって、、700円出したのか俺わ?それ常識的にありえるのか?
ちょっと常識を逸したこの店の店主は悦に入りさらに続く。

「でわこちらは次回使えるタダ券です。ステーキのタダ券です。それとポテトのタダ券とドリンクバーのタダ券です」

何屋さん?一体キミ、何屋設定だったの?売り物を店先に並べといて、ドリンクバーあんの?それもすげぇけど、200円だぞ、買ったもんわ。タダ券出過ぎ。とんだ茶番だな、おい。

万事がこんな感じで茶番が繰り広げられ、毎日のように同じ作業の繰り返しだ。
そもそもの常識を理解する能力に著しく欠陥が見える姉の息子が抱く将来の夢は、セブンイレブンの店員になること。何故ならポケモンなどのカードや食べ物がもらい放題だから。

根本的に間違ってると思うし、何より一つだけアドバイスが許されるのであれば、「店長めざせ、せめて」と伝えといて欲しい。
スポンサーサイト

米は現地で調達した新潟産に限るに違いないだろう

2012年08月23日 21:24

萌えて萌えて萌え尽きちまわぁ



ここ最近、砂漠化しきった私の心を癒すテレビ番組ったら『方言彼女(再放送)』くらいしか挙げる事ができない。結婚には指輪!子供らには花束を!魚心あれば水心!ハンバーガーにはコーラを!カレーにはライス!!・・・ナンだって!?そのくらいの勢いで見渡す限り砂の海な私の心は方言彼女を求めている。

時は数日さかのぼり、ロンドンオリンピックの最中、普段テレビを見ないりゅぢ氏が何気なくチャンネルを回しているとそこに聴こえるはステキな方言、あわててまわしたチャンネルを戻すとそれが『方言彼女』だった。これが我々の出会いである。普段出会わないはずの二人が出会った瞬間である。
この番組『方言彼女』はまんまタイトル通りの内容で、方言しゃべる女の子が小コント的な小芝居をやってるような感じだ。これがまた方言好きな我々の心をグワシッとつかんで離さない。
上京するにあたり地元の言葉を恥ずかしがって標準語に直してしまう女の子がいるという痛ましい事件が昨今後を絶たないが、それに心底心を痛めているりゅぢ氏である。何ゆえ、なにゆえキミは掌中の珠を手放したもうたか。涙ながらに訴えたい。取り繕ったオマエなんて見たくねぇ!と。標準語?そんな汚いアーマー脱ぎすてて裸のオマエ見せてくれ!と。裸のオマエを見せ・・裸を見せろーー!と。

しかしこの『方言彼女』は今まで見落としていた事に気づかせてくれる。
東京に住まう男性諸君のほぼ100パーセント、方言が好きといって過言ではないだろうが、ぜひとも同志たちよ、まだ見てないなら見てくれたまえ。
ことさら『オレ、方言なんてどうでもいいし。そんなとこ萌えねぇし。』とか言ってるやつがいたとしたら、そいつは偽善者かさもなくば善すら入らねぇ偽者だ。
隠れキリシタンには踏み絵を!

『とっとーと?とっとーと?とっとーと!!』

きっとやつは踏めやしない。泣いて謝るだろう『安西先生、方言が好きです』
躊躇いもなく踏み汚す異端者は東京と偽り関東周辺に住まう北の民だ、間違いない。

恥ずかしながら方言好きを公言しつつもその実、関西弁(大阪)、東北弁、九州弁(博多)、くらいに大雑把な把握しかしていなかったんだが、いろいろあるのねぇ、ほんと。
議論の余地もないほどに、King of 方言は博多弁であることは周知の事実であるが、今回私気づきました。

新潟弁。これはダークホースだっ。


しかしこのことについて述べると軽く論文並みになってしまい、文章だけなのにページを開いた途端パソコンフリーズなくらいに重くなってしまうので割愛しよう。
ただこういってはなんだが、どちらかといえば南の方の言葉がかわいい気がする。熊本とか四国らへんとか。

最近テレビの録画用にHDを買ったんだけど、録画してある番組は『方言彼女』しかねぇし。
そういえばそんなテレビ観ないけど、なんとなくあった方が便利だろうと思って買ったHDが『これ用』みたいな感じになってしまって、ほんと人様には知られたくない恥ずかしい秘密だよね。2テラも!2テラ分どん引きされるわ。

とりあえず今度長期休暇を取った時は、今年の米の出来具合はどうかが気になって夜もおちおち眠ってられないので新潟に行ってこようと思います。

そのうちプチトマトになって踏み潰される

2012年08月20日 17:17

さよならさよなら



およそ『世間』に髪の毛ほども影響を与えない話だが、facebookのアカウントを削除した。
14日間アクセスしなければ完全削除となるらしいので、誤ってアクセスしてしまわぬことをただ祈るのみである。
なぜことここに至ったかというと、端的に言って“興味はないけど気になってしまうから”これに尽きる。
興味がない、というのは他人がどこで何をしてようが別にどうでもいいという意味であり、どうでもいいのにでも羨ましくも感じたりするアンビバレントな気持ちに蝕まれたゆえ削除に至る。
しかしだ、これの活用法ってなんだったんだ?最後まで使い方が分からなかったぞ。
しかも『名前+facebook』でgoogle検索したら出てきちゃうんよ?リアルタイムで自分の場所を公開する怖さ、『○○にやってきましたー!』見知らぬストーカーが押し寄せる。しかしこれは私には無縁の心配。

『友達じゃないですか?』の機能、あれが曲者だ。不思議な事になかなか精度が高いんだがどうしてだろう。
携帯にも入ってない昔の昔の昔の友人の名前がある時なんて戦慄ものだ。誰に監視されてるんだいったい。
私が背負う人生のランドセルはクロワッサン3個くらいしか入らないので、友達の数が増え続けていくのは恐怖でしかない。もし旧交を温めるつもりであれば連絡をすればいいし、アカウント数の肥やしになる程度ならいなくても一緒だろう。

まぁ、mixiもそうだったけど、やっぱ日に何度も見ちゃうじゃない?何度も見てどっかに行った誰かとか豪華なもん食べてる誰かとかを羨ましく思うのも馬鹿らしいよねって、単なるヒガミ根性なんだ。
旅行してる写真なんて毒でしかない。毒、猛毒だ、致死量!どこ行くのだってパスポートと財布さえあれば可能であるという気安さ、行くよ?今すぐ家でちゃうよ?ほんと落とし穴でしかねぇよ。しかも落ちたよ、頭までどっぷり。

こうやってちょっとずつ交友関係を狭めていくんだね。輪っかが徐々にちっちゃくなっていって、最後はプチトマトくらいの大きさになってプチッと踏み潰されるから、このブログを読んでくださる友人のみな様には『足裏要注意』と申し伝えましょう。

中身ときたら糸瓜のようにカスカス

2012年08月14日 07:03

助けてドロシー、ウサギの大群よ。



恐らくね、いや場所は分からねぇよ?だけどもきっと世界のどこかに魔女が住んでて、そいつは絶えず私のやる気を吸い取っているみたいだ。だってこんなにやる気が起きないなんて、これはもう疑いようのない事実だろう。桜の樹の下には死体が埋まってるんだって!だってあんなに美しいはずないだろう?ってくらいに疑いようもない事実だ。

そこで問題となるのは、あいつ、俺のやる気を奪い取ってどうするつもりだ?ってこと。
「やる気奪って困らせてやろう!」ってレベルの話ではなく、奪い取ったやる気を何に使ってるんだろう?って思うのだよ。そもそも私のやる気ちゃんは何かに使えるのか?いやいや使えるからこそ吸い取るのだろう。そう思うと私が持っていても使い道のないやる気を有効利用してるということになり、これはもうそのやる気の出どころとして我が子の活躍を見守るかのような気持ちになれる。
自動車動かすのはさすがに無理だろう。やる気で動くならそれはもう電気自動車ならぬやる気自動車だ。浅学なためやる気自動車が発明されたとも聞いてない。が、ヤカンに湯を沸かすくらいはできるんじゃないか?不測の事態に懐中電灯がわりにボワッと光るくらいならギリギリいけるかも?うちのこ役にたってます。
これはだいぶエコバワーだ。なんにも汚さないうえに完全フリーではないか。まるでソーラーパワーのようにな。太陽だ、太陽のようだ、俺のやる気。今日から太陽王と呼んでいただいて差し支えない。もしくは14世、あるいは国家そのもの『朕は国家なり』。

しかし、だ。よっく考えるとその程度のことお前も魔女なら魔法使えよ。その程度という言葉に自分もやや傷ついたが、魔法で湯を沸かすくらいできるでしょうに。そうだよ、わざわざオレのやる気を奪ってまですることですか、大人気ない。えぇい、とんがり帽子は卑怯だ、やってしまえ。

そんなわけで必要になるでしょう、やる気を取り戻す為に魔女に出会う旅が。前述のようにどこにいるかは分からないので、まずは情報集めが必要になるわけだ。書を捨てよ、街へでよう。街へ出たらいろんな人たちから情報を集め、魔女の場所を探ろう。新宿・原宿・渋谷、、、人通りの多い所で聞きまくろう!

『すみません、やる気を奪い取る魔女はどこにいますか!?』


まるっきり低脳だ、そうか、低脳ならば仕様がないよ。そのうち同じようにやる気を奪われたやつらが声をかけてくるのさ、酒場とかで。『オマエも探してるのか?魔女を』って。
僕らは河原で殴りあいの喧嘩ののちに仲間となり、ともに魔女を探してようやくたどり着く。『オレのやる気を返してくれ!』

話合いで済めばそれが一番だよね。適当なところで妥協して、『まぁお互いいろいろあるだろうから、5:5くらいで手を打ちますか?』なんて。いやいや、オレのやる気だしオレの取り分多くしろよって。
そうやって今まで多くの人々は交渉の末に獲得した自らのやる気。魔女の取り分は一週間のうち一日だけ。

このような理由で世間の皆様は月曜日はなんだかやる気がでないそうな。
私は未だ係争中なので、月に2日くらいしか手に入りません。

諸所諸々事情があるにせよ

2012年08月01日 12:18

最大限理解を示します。がっ、



例えばものすげぇ大きなものを写真に収めるとき、その大きさが分かるように何か一緒に撮ったりするじゃない?
比較する対象を入れてより分かりやすくするってことだよね。
結局、相対的にみないとそれ自身の大きさは分からないってことで、幸せっていうのもそういうものかもしれないですね~。ヘッ、なんの話だよ。

だけれども、まぁ知らない方がよかったよねって事ってままあるじゃない?
他人よりも自分の方がよかった場合はいいよ。
すげぇイイ!と思ってたもんがなんてこたぁない人並み以下だった時に、“いや、自分はこれで満足してるから他人は関係ないっすよ~”なんて卑屈な笑みを浮かべたその心中穏やかかい?無理だよむーりー。
比べるものがなければ、お山の上に暮らす裸の王様でいられたのになー。オレ王様でいたかったなー。


最近オリンピックやってるよね、ロンドン。あれを観ていたのさ。
何の競技だったかな?とにかく水泳だ。
当然各国代表、言い換えれば世界トップクラスのスピードを持つ選手たちが集まってるわけだ。
まぁ、速い!当たり前だけど、まぁ速い!!世界新なんかもでちゃったわけ。
んでさ、まぁ素直にすげぇなぁすげぇなぁと思ってテレビを眺めてたのね。
したら泳いでいる人と平行にプールサイドを歩いている人がいた。

おいオマエ、ナンデ歩いてるんだ?

世界新です!速いっ!って盛り上がってるのに、歩いている人が併走というか併歩してるんだぜ?
速い速い言っても、プールサイドのおっさんはのんびり歩いて選手と併歩してたんだ。


んじゃぁ、歩くわ

泳がなねぇよ、もう。だって歩いた方が速いんだもん。
ところでオマエラ、なんでオヨイデンダ?
そりゃさーまじこれマフィア的な人に追いかけられてる時に、泳ぐか走るか?いわれたら走って逃げるよ、オレはね。キミらはどうだか知らないよ、しかしオレは走る。わざわざ水に飛び込まんて。遅ぇもん。

まぁ、さ。カメラのアングルって大事だよね。多分あの歩いてる人はきっと不正とかチェックしてる人なんでしょ?なんとか映らないようにできないもんかなー。
マラソンでさ、沿道を一緒に走ってる観客がたまにいるじゃない?
あれはいいよねー、選手がいかに速いか分かって。
選手だけ映っているとイマイチ分からない速度感が、沿道の一般人のダッシュっぷりで“こんなに早いんかぁ”ってなる。
だが水泳はいかんよ。だって実際問題、スピードとしては速くないんだから。

そこで知らされた現実、“なんで泳いでいるのだろう?”が徐々に心を侵食しだして、そもそもスポーツで記録を出そうとすること自体になんか・・・。

ボルト氏は一体どんだけ速いの?とは思えど、まぁチャリで行くからいいよ。と。
近所のコンビニにはチャリでいくよ、と。
いやでもコンビニ程度ならボルト氏のほうが速いか?
でももし最寄のセブンイレブンにやわらか杏仁豆腐がなかったら、もうちょっと遠いコンビニに行くだろ?そしたらボルト氏よりチャリのオレのほうが速いのか?
とはいえいくらなんでも1キロとかは離れてないし、やっぱりボルト氏か?
じゃぁ、ボルト氏に頼むか?

いやいや待て待て、杏仁豆腐を買って帰り道のボルト氏は全力疾走か?崩れるぞ、オレのやわらか杏仁。やわらかいしな。
ボルト氏はあまりに速すぎて、上下の揺れが半端ないし、多分腕にビニール引っ掛けるだろうけどものすげぇ腕振って走るだろうし。もうね、杏仁はそもそもやわらかを謳ってるくらいだから崩れやすいし。
そうなると『ボク、ヤワラカ杏仁、カイニイキマショウカ?』と申し出るボルト氏を押しとどめて、「いいから、ボルトいいから。オレがチャリで行ってくるからオマエは待ってろ」と結局なるっぽい。

もしくは「ボルト、使えよ」とチャリで行かす。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。