スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更だけど、な話

2011年08月31日 11:48

ほんと今更だけど、ネットってすげぇなって話。



左手に本を持ち知的に笑みを湛えたナイス文学青年を頭の中に創造したら99%それは私であり、残り1%は互いの幻想である。
いわば漱石が言う所の高等遊民であり、日本の粋を体現する読書家である。
その高等遊民たる私、りゅぢ氏が本を買いに歩いて本屋まで行ってるなんて!
まとめ買いするもんだから帰りは重くて買ったばかりの本を眺めて『これ捨てちゃおうかな』なんて毎回思ってるなんて!
車で行った日には帰りにガソリンセルフで入れてるなんて!

そんなわけでネットで買うことにした。
ま、実際の話、本屋行っても結構ないんよね。
永井荷風とか、織田作之助とか石川淳とかそこそこの大きさの本屋に行っても置いてないことが多いし、どの出版社から出てるか分からないから探すのもメンドクサイ。
がーっ、ネットだともう検索すりゃいいだけだから実に簡単、お手軽ポンッであった。
先日、その注文した本が届いたのだが、なかなかにセンセーショナルな光景を目にした。

ピンポーンと鳴った。
ドアフォンを取ろうと思ったが、姉の息子が下にいたので任せることにした。
いかに阿呆といえど、もはや小学校2年生らしい。このくらいお茶の子さいさいだろう。と、世間一般には思われているだろうが、しかしそれは買被りというものだ。
しばらくしてもドアを開ける音が聞こえなかったので下に降りてみると、ドアフォンを手に持った姉の息子が呆然と途方に暮れていた。


『だれだか分からない』

だれだか分からないの意味が分からない。
もう一回聞けばよくないか?と言うと『だれですか!?・・・・・宅急便だって』と答えた。
そういや以前に『だれ!?』と叫んでドアフォンを置き、そのまま玄関に向かわないので不審に思って「誰だったの?ピンポンなったよね?」と聞いたら、

『剣道の人だってさ。(爺さんが剣道をやってる)』

と言った。
ほ、放置?急いで玄関に向かうも来客は帰ったあとだった。

このように阿呆ここに極まれり、な姉の息子だが、宅急便をりゅぢ氏が受け取ると大興奮で付きまとってきた。
『こないだネットで頼んでたものがきたの?』うん、はやいね。
『こないだネットで頼んでたものがきたの?』そうみたい、はやいね。
『こないだネットで頼んでたものがきたの?』うん。
『こないだネットで頼んでたものがきたの?』ん。


『こないだネットで頼んでたものがきたの?』

・・・・・・・・・・。

気が狂いそうだ。壊れたテープレコーダーのようだ。
「本がきたんだと思う」りゅぢ氏はそう言った。

『こないだネットで頼んでたものがきたの?きっと本だね』

包みを開けると本が出てきて姉の息子は言った。

『やっぱりね、ほら本だった』


待ってろ、今新しい頭をネットで注文してやるからな。
スポンサーサイト

この問題に20年かけて挑んできた。

2011年08月28日 20:02





長年の謎が解けるのは良いことだ。
例えばそれは、喉につっかえる魚の骨に似てる。
致命的ではないが日常的に常に付きまとう不快感。
それがザッパと渦巻き描いて穴に吸い込まれるが如く、あとに残るはラベンダーの爽やかな芳香。

『先生はハサミじゃありません!』
『お母さんにも考えがあります!』
『○○君が死ねって言ったら死ぬのか!』

大なり小なり様々な事を言われてきた。
学校の先生や母親がやはり多かったと思う。
『こんな事、言われた事がない』なんて言うのはおよしよ。嘘だ、キザだ、欺瞞である。
みんな言われてきたはずである、私だけじゃないはずである。
そんな中でもりゅぢ氏の喉の小骨は、


『そんなにメンドクサイなら、お前は息を吸うのもめんどくさいのか!』

子供ながらに思った。
それとこれとは話が違うし。

『違わない!』

先生は怒って言う。
だって息を吸うのは自分でしようとしてしてるわけじゃないし、勝手にもう吸うようになってるし、息吸うのメンドクサイと思ったことはないですし・・・。

『ごちゃごちゃ言い応えするな!』


と、まぁこんな具合に言い争われて、一方的に『言い応え』・・・言い応え!なんて不名誉な響きだ。正しい自分に歯向かな的自分本位な発言だ。
そんな怒りを、えぇ20年ちかく胸の奥に大事にひっそり抱えてきました。
それが先日、スルリと氷解。
分かったよ、あぁ、俺分かったんだよ・・・


『息は吸うのよりも止める方がメンドクセエ』


『メンドクサイメンドクサイってお前、メンドクサイからって息吸うのもやめるのかっ!』
「いや、止める方がメンドクサイです」

こう答えればよかったんだ。すっきりしたー。
楽しい、、いやー楽しい20年だったなー、ほんと・・・

軽く走ると風を感じます。

2011年08月22日 05:15

そうして私は靴を買った。



根本的にサンダルが好きなりゅぢ氏は靴に関してあんまり興味を持たない。
1足あれば十分、履きつぶしたら買えば十分。その程度の認識である。
そもそも“ちょぴっとアジアン風味ファッション”なもので、靴と合わないのが最大の問題であり、サンダルが好きな理由でもある。
んなわけで“履けない靴”が靴箱に何足も眠っているのが現状である。

先日、唯一の履ける靴が壊れた。
雨の日には水が漏れてくる始末でとうとう新しいのを買わなきゃならんね、という結論に達する。
そして買いに行った。

目を引いたのは“Mobus”である。確かドイツあたりのもともとスポーツ系だった気がするが、とにかく“M”のデザインとロゴの感じが大変可愛らしい、好きなメーカーである。
実のところすでにMobuaを2足、履けない靴としてストックしてある。
が、目を引いたのは事実であり、いや、履けないこともまた事実であり、悩みに悩んだが買った。それも2足。

喜び勇んで帰宅し、さっそく履いてみるも案の定パンツと合わなかった。
しかし履きたい、それゆえ仕方なく1,2年振りにジーンズを履いて出かける。
がしかし、どうにも足が疲れる。
そりゃもういつも楽なサンダルか、もしくは履きなれた靴だったから新しい靴は疲れるのだ。
その夜、りゅぢ氏は寝てる最中に足をつった。

次の日、りゅぢ氏は靴屋にいた。
立ち仕事には軽い靴、それに尽きるとの結論にたっしたのだ。
そこでランニングシューズを1足買っとこうと決めた。

ところで、店員さんが馴れ馴れしいのをりゅぢ氏は嫌う。
『何かお探しですか?』と声をかけられる事すらいやだ。ほっといてくれ。探してるに決まってるだろう。
礼儀として、「これ履いてみていいですか?」と尋ねるが、『あ、どうぞ』くらいで返事をしてどっかに行って欲しい。
ところが最近の靴屋は履かしてくれるのだ。
小学生か、履かしてくれるって至れり尽くせりすぎだろう。
本当に余計なお世話であるが、『いや、自分で履けます』というのもなんだし、黙って履かせられた。
履かせられてる間、りゅぢ氏は空を見上げて口は半開きだった。

『この靴はすごくいいんですよ、通気性がばっちしでね、360度どこからでも空気が入るように出来てるんです。で、ボクも1足買っちゃったんですよ』

もうね、そういう情報ほんといらない。あなたとお揃い情報、ほんといらない。
挙句の果てに、ランニングシューズなもんだから言われた。

『結構走るんですか?』


結構走るんですか

いいえ、まったく走りません。歩いちゃ駄目ですか?


結局の所、通気性がいいという性能は走らないりゅぢ氏にとって“足がくさくならない”という利点しかない。

右左右と見たなら一目散にダッシュしろ

2011年08月13日 11:10

もうトラックに煽られるのにも慣れた。



人は慣れる生き物である。
最初はスピードのあがらないバイクに乗って大通りを走るのは怖かったが、もういいや。
煽られようがなんだろうがこれ以上スピードでねぇし。

私のバイクは遅い。
早い、普通、遅い、ちょーーー遅いと段階で分けると、なんつーか『カメ』である。
亀なんですよ。

そんな亀だが、今日人を轢きそうになった。
今思い返してもヒヤリとするくらいニアミスだったが同時に沸々と怒りが込み上げ、轢いてやればよかった、轢いて轢いて挽き肉にしてやればよかったんだ!と過激にプリプリしている。

遅いバイクではあるが、ブレーキも効きづらいというアンビバレントな気持ちを抱えてるのがうちのカメだ。
キュッと止まるのが普通だとしたら、ニュ~ゥっと止まる。
ニュ~ゥだぞニュ~ゥ。
もっとブレーキのききをよくしろよ、コンチクショウ。


横断する前は右左右と確認するだろう?
あの女は左しか確認しなかったんだ。
そして耳にはイヤフォン、さらに赤信号。
ギリギリ信号変わったでもなしに堂々の赤。
なんかこの人、渡ってきそうだな~と思って警戒しててよかったよ。突然ダッシュしだしたのは想定外だったがな。
ナンダオマエ、右も確認せずにダッシュとはアタマオカシイノカ?
しかしギリ避けれた。自分の危険予測能力の高さに感心したぜ、まったく。


ま、カメだから30キロくらいしか出てなかったけどなっ。

恥じてください、あなたは阿呆だ

2011年08月12日 08:50

どんびき。



先日、ご家族揃ってご飯を食べに行ってきた。
と、いってもファミレスに行って来たわけだが現在夏休み真っ只中の姉の息子も当然いた。
そこでドリンクバーを取りに行った姉の息子があまりに戻ってこなくて、いったいあいつは何してんじゃ?と思い様子を見に行った。
するとドリンクバーの周りは水浸しになっており、渦中のマシンのまん前に奴が必死で何かをしていた。

どうした?なになに、いったいどうしたんだ?

そう尋ねると、『これ水しか出てこないんだよ』と彼は言った。
そう言いながらもボタンを押して、放出される水。
放出された水は下にセットされたコップに落ちるが、すでに満杯のコップからも落ちて受け皿にこぼれる。
受け皿に落ちた水はすでに満杯であるので床にビシャビシャと音を立ててこぼれた。
なるほど、こういうわけで床が水浸しなんだな。

『ほら、水しかでないよ。これ壊れてるよ』


壊 れ て る の は 君 の 方 だ 。

ちょっと、君の目は節穴か?シロップ切れのランプ付いてるし何より床を見なさい、そしてもうボタンを押すのやめなさい。
ほら、店員さんが飛んできたよ。

『これ壊れてるよ。水しか出てこないよ。ポチッ、ビシャビシャビシャビシャ・・・・・』


すみません、この子ちょっと壊れてまして・・・。
いや、ドン引きだよ。なんつーか、限度っつーものを知らんのか。
床をここまで水浸しにするまでボタン押し続けるか、普通?分かれよ。

姉の息子、現在小学2年生。
元気だが、だいぶガタがきている模様。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。