スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国報告

2011年01月29日 14:33

帰国



とりあえず帰ってきたからご報告。
いや寒い、寒すぎるよ日本。と少し帰国ぶる。
リュックで旅行するりゅぢ氏は、荷物は軽量化、これが至上命題である。
1ヶ月間旅行に行こうとも、日本を出る際はリュックを含めて3~5キロ程度しかない。
ゆえに半分以上は空である。

冬にタイに行くとなると、困るのは着ている服をどうするか?だ。
コートなんて持っていった日には、常夏のタイに着いたら邪魔で仕方ない。
そう思い、いつもギリギリの、寒いのを我慢するカッコで出かける。

1週間前出たときはギリギリだったが、日本に戻ってきたらアウトだった。

なんか一層寒くなってないか?
10度を余裕できっているし、なんなら0度とか書いてあった。
よもや私のいない日本がこんなにも冷え切っているなんて。。。
吸い込む空気が冷たすぎて、肺が痛くて痛くて、あれ、これなんかやばくないか?というくらいプルプルと身体がふるえるぷるぷる体質になってしまった。


飛行機の中で隣に座ってた20代前半の男性が、自己啓発本的なモノを読んでいて、恐らく感銘を受けたんだろう言葉をノートにビッチシ書き出していた。

自分を偽るな
表現しろ
変化を起こせ→レボリューション

口に出せないような恥ずかしい言葉が並び、思わず赤面する。
そしてひと段落したら彼は通りかかったアテンダントに言った。


コーヒーおかわりください

東南アジア系のアテンダントだったので日本語が理解できずに『what?』顔。
『おかわり』『もう一杯』『えーと、これ』
と、何とか意思を伝えようと頑張ってたけど、そこは『コーヒー』と一言だけ言えばよかったんじゃないかな。
もしくは、その自己啓発本を旅行英会話に持ち帰ればよかったんじゃないかな。
そう意地悪にも思った次第。
スポンサーサイト

大病を患う

2011年01月23日 16:24

酔生夢死



酔って夢を見てるかのように社会や世間に何も為さずにただぼんやりと死んでいく事を酔生夢死という。

これが私の理想です。

だいたいが、自分が何事かをなさんとす人間であるとは烏滸がましい。
例え今日明日突然いなくなろうとも、人間界になんら損失を与えない矮小なる身柄、たとい一時の栄華を得ても結局は元の木阿弥、ならば初めから何もしない、酔って夢でも見ていよう。

ぼんやりとした不安を抱えたまま芥川龍之介は薬を飲んだ。
ぼんやりと死んでいくりゅぢ氏は突然いなくなる道を選び、明日からタイに行ってきます(二回目のごり押し)。

もうタイの事しか考えられない。
語尾が“タイ”になって、安易なキャラ付けされた漫画の脇役のようでもあり、どこぞの方言のようでもあるタイ。
早くタイに行きタイ。

ヘタクソな洒落だというナカレ。
もはや病気である。
前立腺より心のニートが肥大化しすぎた結果であり、タイに逃げ込まねば治らない、殆ど不治の病。


えぇ、大病(タイビョウ)であります。

保湿を望んで

2011年01月22日 14:22

カサカサです



寒いので肌がかさかさします。
『肌が綺麗で小憎たらしい』と過去お付き合いした方々に言わしめたりゅぢ氏でありますが、毎年毎年冬になるとかさかさになります。
なんかアカギレ的にお風呂に入ると若干染みるぜぇ~ってほどに乾燥してるんですね。
なんでローション買いました。

いわずもがなですが、『ぬるぬる』の方ではないです。

もちろん『ぬるぬる』の方も興味がないわけではないのですが、いかんせん当面の問題として『かさかさ』が大敵でありまして『ぬるぬる』してるまがあったら『かさかさ』をなんとか潤わせたいわけでして、いや、『ぬるぬる』もいいですけど、いやほんといいんですけどね、そう毎日毎日『ぬるぬる』してるわけにもいかないじゃないですか?あと相手ありきの『ぬるぬる』なんで現時点では不束者で『かさかさ』なボクですがよろしくお願いします。

ほっぺたがね、頬骨のあたりかな?が、かさかさするんです。
なんでフェイシャルローション買って塗ったら、あら、すごいすべすべじゃないか!?
保湿されてる感じがたまらない。
調子に乗って背中とか腕とか足とか、まぁ全身ローションした。
あぁ、あの乾燥痒みが収まった。。。感無量。。。
この喜びの歌を届けたい。
誰といわずみんなに届けたい。

そんなはた迷惑な博愛主義から、『ローションですべすべ♪』と言いふらした次第。


『ローションだけじゃ意味ないですよ。クリームとか油分で蒸発をおさえないと』

と、女性の方に言われた。え、そうなんですか?
というと、このすべすべは一時のモノ、かりそめの夢まぼろし?
そうかクリームも必要なんですね。

しかしクリーム買って大丈夫だろうか?
そこでとどまるだろうか?
下地を作って化粧のりが今日はいいわね、うっふん。
そんな事にならないだろうか?

まぁそれはいい、そこは趣味の世界なんでとやかくいうまい。
それより全身ローションなんでやっぱり全身クリームか?
ベタベタしてちょっと気持ち悪いな。

そんなこんなでクリームまで手を出すのは二の足踏んでます。
手なのに足踏んでます。

まぁどうでもいいか、来週からタイに行くし。

タンゴのリズムでチュチュチュ

2011年01月19日 15:51

チュチュチュ



指を鳴らす男はカッコ悪いそうだ。
店員を呼ぶときにパチンと弾いて鳴らすのがキザッぽくてヨロシクナイという事だが、そもそもこれをカッコ良いと思ってる事事態、不味いと思う。
いや、もちろんカッコ良いと思わなければやれない動作であり、やってる本人からしてみれば最高に“イケてる”のであろう。もしくは、そうするのが当然、店員呼ぶのにお近くのボタンでピンポンではなくパチンと指を鳴らすのが当然だ。


これを異文化と呼ぶ。


違う大地が育んだ食物を口にし、水も違えば空気も違う。さすればそこで育った人格形成、いわんやちがくて当然だ。
パチンと指を鳴らすのがダサいとあなたは言う。
なるほどダサいかもしれないが、ミャンマーでは口をすぼめて『チュチュ』と音を出すのが店員を呼ぶ合図だ。
基本的に喫茶店でたむろするのは男性なので、青年もおっさんも『チュチュ、チュチュ』とキスする前みたいな口で音を鳴らして店員を待つ。
基本ポーズは指を一本立てて片手を挙げる。そう、このポーズは釈迦が生まれたときに天を指していたというエピソードに基づいた天上天下唯我独尊ポーズであり、そこで唇すぼめてチュチュっとな。

もうふつうに呼べよ。と。

あんま大きい音でねぇのな、チュチュ。
すみません、て呼んだ方が良くねぇか?とかな、思っちゃったりするのよ。
しかし郷に入っては郷に従え、ミャンマーで暮らしてたりゅぢ氏はこのチュチュをマスターして天上天下唯我独尊!チュチュ!としてた。
したらこの癖が抜けなくて、帰国したばかりの頃はついつい卑猥な唇突き出してチュチュっとしてたんだって。


さて、指鳴らす男と唇卑猥なチュチュ男、どっちがいい?
というわけで、本人カッコ良いと思ってんだし、あんま細かい事で文句言ってやんなよという教訓。下には下がいるぞという教訓。

ところで私の下にも下はいますか?ここが底辺ですか?最低ですか?そうですか。

じゃがいもの緑の部分

2011年01月18日 02:07

健康診断



に行ってきました。
前日に友人と会い、わずかな量で酩酊したりゅぢ氏でありました。
『健康診断前って飲んでいいの?』
とまぁ、飲む前に心配しろよ、とそう思った次第。
もはや酔っ払っては後の祭り、どうでもよいよい。
ふらふらと家路に着き、到着するや否や眠りに入る。

起きてみると、いざ、健康診断に行くのもかったるい。
とは言え、『行かない』という選択肢はあるものの行かなきゃならないものであれば後々めんどくさい。
そんなわけで渋々渋々向かったのです。


病人が着るような青い服に着替えて待合室に行くと当たり前だが全員お揃いでウケタ。ワロタ。
問診表を渡し待っていると名前を呼ばれてまずは採血から。

『今朝9時以降は何か食べましたか?』

いいえ。
そう、昨日心配になって確認したんです、問診表の裏を。
そしたら、前日は食べてよし。当日は朝は軽くに済ませ、それ以降は何も口にしてはいけないと明記されていた。
ので、9時以降は何も食べてはいけないと知っている。
知ってはいるものの、『朝は軽くだしこれは軽いだろう』と食べたのは9時以降だったような。。。11時くらいだったような。。。
よりによってケーキ。ショートケーキ。

ショートケーキ食べました

そういうのもなんだか気恥ずかしく、いいえ、と小さなウソ言ってしまった。
『えっ、この人、なんで健康診断の前によりにもよってケーキ食べてくんの?しかもショートケーキ』
とか思われるの嫌でウソつきました。
血糖値的なものが高いかもしれん。

お次は採尿。
といれで25mlのとこまで入れてくださいと書かれてたので、そこまで紙コップに入れる。
まぁ、頻尿気味のりゅぢ氏ゆえにこの程度は造作もない事。
それに、朝食後は水分取るなともかいてあったので、喉がカラカラで尿を出したら余計干からびる気がしてもったいなく思い、今日は放尿をしていない。我慢した。


ものっすごい濃い色してた。


なんだろう、こんな事報告するのも恥ずかしいけど、恥ずかしいくらいに色濃かった。
琥珀色という言葉で済まないくらいにそりゃもう綺麗に濃い色だった。
ちくしょう、こんなとこで水分保管計画が裏目にでやがって。

その後意気消沈したりゅぢ氏は淡々と検査をこなしていく。
もうね、どうでもいいわけ。健康でも不健康でも。
例え肺に影が映っても誰にも言わず黙ってる気がする。


じゃがいもの皮を剥いたら緑色の部分があったよ。
採血後のnaotoさんの顔色はそんな色でした。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。