スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フール イン マイ

2010年11月26日 23:35

愚か者どもの。



多くの事に大雑把なりゅぢ氏でありますが、『耳につく音』が嫌いです。
具体的にいいますと、『子供の嬌声』、これが一番いかん。
子供の嬌声、さらに具体的にいいますと、『姉の息子の声』、これに尽きます。
何が嫌だって、姉の息子の声、これがいやだ。姉の息子の声、これを聞くとイラっとする。イラっと木霊する。
ほんとにもう、イヤラシイっ。
猫なで声といいますか、下卑た根性丸出しといいますか、お前の魂胆・俺は見透かしているからな!と前髪ぐわしと掴んで言い放ってやりたい。

『金魚さん死んじゃった』

と泣きながら姉にしがみついていた姉の息子。
『可愛そう』とワンワン泣いた。
姉もさすがにめんどくさくなり、『そんなに泣いたって仕方ないでしょ、いつまでも泣いてるならママ知らないから』と、さすがに子供嫌いの私でもあんたそれはないだろうと思ってしまうくらい逆切れて家を出てった。
残されたのは私と姉の息子。
おい、どうすんだこれ?

ずっと泣き続けるのかと、もし泣き続けるのなら庭に放り出そうと思ってたりゅぢ氏であったが、その心配は杞憂だった。
ぴたりと泣き止んだ姉の息子はテレビをつけてアニメを観だす。笑いながらアニメを観だす。
そしてしばらくすると帰ってくる姉。

『ママー!』

テレビを消して駆け出す姉の息子。

『ママ、金魚さん天国に行ったのかな?』

へい、姉ちゃん!どうせ『まぁこの子なんて純粋なのかしら!』とか思ってんちゃいまんの?
全然、そんなことありませんよ。安心してください、あんたの息子も酷いもんですよ、まったく。
教えてやろう、『天知る地知る我も知る』そして付け加えて、俺も知ってるからな、と。。
金魚さん天国行ったかだって?お前が行って確かめて来い。

イヤラシイ、ホント、イヤラシイ。


それなどまぁ些事ですわ。
ホントにりゅぢ氏が一番嫌いな事は、扉を一回一回閉めない事。これに尽きる。
なんでこんなにイラつくのか自分でも分からんのだが、開いている扉を見ると心底ムカつく。
『じゃぁ最初から扉なんてつけるなよ』
と開いてる扉に毒づくくらい、しっかり閉めたい。
おそらくこれは姉の息子に限らず、彼女とか嫁さんとかその類の相手でもきっとムカつくんだと思う。

何度言ってもちょっと開いてるの。

姉の息子は残念ながら青虫程度の知能なので、何度言ってもしっかり閉めれない。
想像を絶するほど知能が低い。


毎回毎回ちょこっと開いてる扉を嫌みったらしく怒りにまかせ、力の限り閉めていた。
バターン!バターン!と木霊する扉の爆音。
阿呆ゆえにその痛烈な批判に気づかず、開けっ放しにされる扉。


なんでだっ!なぜあいつは開けっ放しにするんだ!?理解できん!

そう悩んで、理解に苦しんでるりゅぢ氏に答えをくれたのは父だった。


父はリビングに通じる4つの扉、そのうち3つを開けっ放しにして出て行った。
ちょっとだけ開けて。


愚か者ども、悲しみの愛をみせろ
スポンサーサイト

幸福に降伏だ

2010年11月24日 16:39

祝賀



さて今日は、先日述べた『結婚します』とメールを送ってきた娘の祝賀会をやろうという事になっています。
『お祝いしてもよろしいでしょうか?』と恐る恐るお伺いした所、良いとの返事を頂きやることになったのですが、私りゅぢ氏、結局なにもしてません。伺っといて何もしてません。
全て人任せにしてあれよあれよと流され今日祝ってきます。

ただな、こう受動的な態度と裏腹に祝う気は満々、太宰治風に言えば『戦闘、開始』なわけです。
仮に彼女の父親が結婚式に欠席しなきゃならぬ用事ができたとして、代理の父親を探した場合『私が行こう』と片手を挙げて立候補してもよい。
そしてものの見事に、なんなら本物の父親以上に涙を流し、娘の幸せを願うくらい見事な代理父になってやるであろう。
それこそが『戦闘、開始』に込められた想いっちゅーもんや。

ただな、代理父親の出番は来ないであろうし、別に今日は昔の仲間内でのパーティーだしな、何よりこんな素敵なウェンズデーにりゅぢ氏ったらお腹痛いの。
そりゃもうピーピーと口(下のな)からうめき声があがるほど、まぁ率直に言ってしまうと下痢下痢しちゃってんのよ。

おい、どうした俺のお腹。こんな大事な日にっ、しっかりするんだっ!!

そうさっきから励ましているんだけど、応えは『ぎゅるるるる』ともう言葉になってない感じ。
そしてトイレの中では激しく、そりゃもう激戦地帯を戦いぬく傭兵のように勇ましいりゅぢ氏がいるの。
これもある意味『戦闘、開始』なわけで、もう何度目の開戦だかわかりゃしねぇ。
というかトイレでう○こする事を『戦闘、開始』と称したなら、先ほど述べた『戦闘、開始』がなんだか文字通り穢れた気がして、あんたこの始末どうしてくれんのよ?と問い詰めたい。
結婚を祝う気持ちとトイレでの悲壮感漂う戦い、同列に置くなんてどういうつもりなのよ?と。



どちらも『こうふく』である。

紅葉狩り

2010年11月23日 15:24

山梨



つい先日もそんなような事を言ってた気がするけど、ほうとう食べに山梨まで行ってきた。
なんだろう?もはやほうとうが好きなのか、山梨県が好きなのか、よく分からない。
どっちも好きだ。

富士五湖道を走ると、広いススキ原っぱの向こうにそびえ立つ、おぉ、あれぞ富士よ、富士山よ!
頂上には雲がかかり、上半分はすでに雪で白い。
冠雪。


山中湖は青く空を映し、色づいた山々とのコントラストは大変美しい。
気づけば紅葉。
いろんな色に染まっているが、やはり深紅にそまったモミジが一番綺麗である。
紅葉狩り、それぞ心の保養なり。

赤と言わず、様々な色が入り乱れるこんもりした山を見て、りゅぢ氏は思った。


『ウツクシイ、しかしカビのようだ』

カビ山


そんな言葉が頭に浮かぶ。
カビキラーの威力はすごい。
こんだけこんもりカビカビしてても一瞬でっ、一瞬でぇぇー!


情緒がないとの非難は却下。
阿呆らしいが確かにカビ生えてるように見えて紅葉がカワイイ。

ハゲこそ至高

2010年11月22日 15:07

帽子



女子高生の生足を見て、なによりも『寒そうだな』と思ったりゅぢ氏は、昔は大切にしていた何か“若さ”的なものを失った気がして少し寂しかったという。

おっさんのハゲた頭頂部を見て、なによりも『寒そうだな』と思い、なにか帽子的なものを被せてあげたい、そうだ!コンドー……


む、おもしろい。

ツルッパゲはズル剥け。、半分ハゲは仮性、ちょっとだけハゲてる人は真性すぐに手術が必要です。
そうやって行き交う人々を大きく3つに分類して電車を待つりゅぢ氏であった。


街にコンドームを被ってるおっさんを見かけたら、それは私の優しさである。

ももももも

2010年11月20日 09:29

ワープ



今、私はファミリーマートにいる。
車を駐車場に停め、珈琲を買ってきた。
缶の大きいサイズのブラック珈琲だ。
もちろん眠気覚ましだ。例に漏れず物凄く眠い。


突然だが、信じてもらえるだろうか?

どの道を通ってここまできたか覚えていない。


よくあるだろう?『あ、今一瞬眠ってたよ』。
あれの逆バージョン、『あ、俺今起きてるよ』。
そのくらいの確率で眠ってた。
思い出すとヒヤリ冷や汗が流れる。
よく事故らなかったな、と。


なにがワープって、場所でなく時間がふっとんだんだ。
運転してた記憶も盗まれたんだ。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。