スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起きたりゅーぢ

2009年11月30日 16:19

結核



起きるとりゅぢ氏は赤い水溜まりの中にいた。
おぅ、なんじゃこりゃーと思う間もなく自分が鼻血まみれである事に気付く。
寝てる間に鼻血を出していたようだ。

府中の活火山と呼ばれたりゅぢ氏はいわば鮮血の宝庫であり、年がら年中鼻から真っ赤なマグマを咲かすほどの鼻血常習者だ。

『鼻血がでる瞬間って分かるよね』

とちょいと鼻血だす者ならすぐに気づくだろうが、りゅぢ氏に至っては鼻血がでる前の段階で『でるな』と知る。
いわば免許皆伝の身である。

何故そんなに鼻血をだすか?

いつもエロいこと考えてんじゃないか?
そう思った方もいらっしゃるでしょう。

見くびるなかれ。

こう見えても府中最後の英国紳士と謳われたりゅぢ氏である。
英国紳士たるもの事実を曲げてまでそれを否定する気はない。
だが、それだけでもなく疲れるとでやすい、ただそれだけである。

えっ、寝てたのに疲れる?ベッドで何してたの?

とか聞かれても困る。
英国紳士たるもの事実を曲げられないからだ。
とりあへずそこは不問に処してくれ。

まぁ昨日忙しくて疲れたんよね。



血にまみれたりゅぢ氏は病床から身体を起こし庭をみる。
すると一匹の黒猫が横切った。

『不吉な』

りゅぢ氏は呟いた。
愛刀『口先三文字』を引き寄せると庭へとよろめく足取りで降りていく。
ピタと動きを止めこちらを睨む黒猫。
しばしの間が流れ、互いににらみ合う事数分、

『動くなよ』

そうりゅぢ氏は黒猫にいうと、口先三文字を抜き放ち漫談を始めた。
10分ほど淡々と談じ『ってボブが言ったのよ』とオチが付いたとこで庭を見ると、黒猫はすでにどこかに去っていった後だった。


『あぁ私の腕も落ちたものだ』

とりゅぢ氏は呻き、鼻から血を吹いて倒れた。
りゅぢ氏が息を引き取ったのはそれからまもなくの事であったという。


庭に垂れた鮮血の滴跡からひょろりと草花が生えてきて、真っ赤な芥子の花を咲かせた。
故に赤い芥子の花を俗に『ブラッディードラゴン』と呼ぶようになったという。
その深紅な色合いをした徒花は見るものを漏れなく悲哀に染めあげ、ついたため息で動くわずかな空気にすらその身体を揺らした。


今もりゅぢ氏はソムアヌの膝もとに抱かれ、鼻血を出しながら安らかに眠っている。


関連作→コチラ
スポンサーサイト

ユー入れちゃえばいいじゃない

2009年11月29日 00:21

学習能力



世界になだたるタイ料理、タイスキのお店『コカ』に行ったのはいつのことだったか?
今年?半年くらい前か?定かでないが、わりと最近と言えるだろう。
有楽町にあるそのお店は本場タイからの出店で、日本にも何店舗かだしている。
そこに小林くんと行った。

帰り際に貰ったカードに他の支店が載っており、新宿店の文字を見た時ボクらは笑った。

京王線のボクと小田急線の小林くん、どちらも始発駅は新宿で何故有楽町なんて来づらい場所までわざわざやってきたのかと。新宿で良かったじゃないかと。

『ちょっとー、ちゃんと調べてくださいよー』

ボクは笑って小林くんを責めた。

『ホームページには載ってなかったんです、ほーんーとーに。まぁまぁ、次回からは新宿って分かって良かったじゃないですか。』

小林くんはそう笑って、脳天気に前向き発言をしたもんだ。


のに!!


つい先日、小林くんからメールが入った。


『タイスキ食べに行きましょう』


もちろんすぐに返信した。断るはずもない。


『それじゃぁ、次の土曜日18時に有楽町待ち合わせで』



有楽町待ち合わせで。


生かされてない、何も生かされてないよ、小林くん。
ボクは慌ててメールを送る。あえて有楽町ですか?新宿じゃないんですか?と。


『新宿でカオニャオ入れちゃえばいいじゃない』


きっと日本全国で10人にも伝わらないジョークが返ってきた。





ラオスは首都のビエンチャン、メコン川をはさんで向こう岸に見えるはタイのノンカーイの街。
川沿いは夕方になると賑わいだし、露天のレストランがところ狭しと並ぶ。
たいして人口も多くないラオス、首都といえど閑散としたこの街でレストランが並んでもどこも満員御礼とはいかず、いついってもすぐに入れる、そんな感じ。
暑いこの国で夕方の涼みだした時間、川沿いのレストランで夕焼けに染まったメコン川を眺めながらビールを飲むと、旅情にまみれてとても気持ちがいい。

今日はどこに入ろうか?

どこも同じだけど、景色のいいとこ、雰囲気のいいとこを探して川沿いを歩く。
するとひときわ大きな日本語で声をかけてくるラオス人のおじさんがいた。


『このお店にしちゃえばいいじゃない!ラオスキ食べればいいじゃない!』

ラオスではタイスキの事をラオスキというのを知った。
多分、タイのスキヤキでタイスキ、ラオスのスキヤキでラオスキ。
いちお説明しとくと、スキヤキって言ってるけど実質はナベだ。

『最後にカオニャオ(もち米)いれて雑炊しちゃえばいいじゃない!』

『カオニャオ入れちゃえばいいじゃない!』


文字にするとあんまり伝わらないけど、初めて聞いたときはかんなりのセンセーショナルだったんだよ。
不覚にも大爆笑させられた。
『いいじゃない!』って。誰だよこの日本語教えたやつ。


『○○すればいいじゃない!』

これに適うものはジャニーさんくらいしかいないのが現状である。


前回のコカの記憶→コチラ

戻ってきたインターネット

2009年11月28日 15:25

再開



ネット接続復活!
どんくらいぶり?2ヶ月ぶりくらい?1ヶ月?
なきゃなくてもいけるもんだ。

ものぐさな性格な為、今日できることは明後日ですらやりたくない、1日1個の事しかやりたくないな為伸ばし伸ばしになってたのを、ようやく今日接続設定やり直した。
そもそもIDを書いた紙を失くしてしまったのがいけない。
再度プロバイダーに問い合わせてID取得、そして接続設定しなおしてつなごうとするが繋がらず。
むぅむぅと首を傾げど謎は深まるばかり。
そのうちめんどくなって、放置。

なんてことないローカル設定が無効になってただけなのね。
いつの間に無効にしてたのやら。。。

とにかく、繋がった。オレ、バーチャル世界に繋がった。
今日から逃げ道が1コ増えた。
現実つらくなったらあっちの世界へ逃げよう。

すげぇんだ、オレあっちだと。
あれだ、こっちじゃごく一般のその他大勢に入るオレだけど、あっちだとすげぇの。
特技は手品だから。種も仕掛けもないらしい。

とにかく、繋がった。
これまで機会損失しまくってた為替をがんばりたい。
折角プラスがでてたのに、今超ウルトラマイナスじゃ。
これはしばらく塩漬け状態余儀なくされるんだ。
なんたって、『とりあえず損きりされる事はないけど、今決算すると半年くらい立ち直れないよね』ってくらい今の円高状態がヘビーっす。
1ヶ月くらい前に決算しとくべきだった。

あ、その頃ネット繋がってねぇや。

今日できることは今日やろう。そう思ったの。

ホーと言う

2009年11月28日 06:26

不勉強



音楽に関して実に不勉強なりゅぢ氏は、ジャンルの違いがイマイチ分からない。
ヒップでホップなヒップホッパーな方々の特徴は、『セイ・ホー』と言う&『プッチャハンズアップ』と要求する、くらいの認識であったが、本日行ったクラブ?でも同じように言ってたんで、正直面食らった。


『セイ・ホォーォ』

りゅぢ氏は言う、『ホー』と。

『セイ・ホーォ』

りゅぢ氏は呟く、『ほぉ』と。


『ホーってなんだ?』

りゅぢ氏は疑問に思った。何故自分はホーと言わされるのか?『ホー』ってなにさ?なぜ『ホー』なのさ?

『ベトナムで食べたホーはおいしかったな』

しかしそれじゃない事はりゅぢ氏にも分かってる。


さらに不勉強で申し訳ない。DJってつまりなに?
今日はDJイベントっぽかったが、今まで持ってた一般的DJ感を崩されてきた。
そんなDJ知らずのりゅぢ氏は、友人のDJ華火がでるというので見に行ってきた。

20091128063813


普段の華火さんは、ただのアホであると断言できるくらいにアホである。
残念ながらこの写真だと、いろんな華火さんの面のアホな部分しか伝わらないと危惧する。
が、今日の華火さんはかっこよかった。っかすげぇ歌うめぇなー。

他の出演者が、『DJ』のの名の下に『カラオケ大会』を開いてる中、唯一の救いであるくらいよかった。

『あのアホが…』

りゅぢ氏はちょっとカリスマ光線を発してる華火さんを目のあたりにし、ネタミソネミで地団駄を踏む。

『かっこいいじゃねーか、あの華火』

そんな華火さんも、『やってみたかった』と前置きしつつ言う。


『セイ・ホーォ!』


りゅぢ氏は思い出す。

『ベトナムで食べたホーはうまかった……』

りゅいーぢ

2009年11月25日 14:39

残り5キ



秘密結社『どっちかといえばドM。でもドSでもある。どっちでもいけるけど、ドSかドMどっちしか無理、つまり両極端?』の一員、りゅぢ氏でありますこんにちわ。
「これたら来て」「暇だったらおいでよ」だと行く気にならないけど、「来い」「もちろん来てくれるんでしょ?」だと行こうかなってなる精神状態です。
金曜日に悩んでます。誰か行かないか、DJ華火。


さて、私、それより中華街に行きたいです。
以前ね、8月だったかな?行った時に唐辛子のストラップを買いました。

20091125145031


曰わく、『厄をよけると1コ唐辛子が落ちる』
曰わく、『ポロポロ落ちてすぐなくなる』
と言ってたのに、平和な世界ゆえか、全く8コの唐辛子は落ちず健全だった。
が、先日2コ一気に落ちた。
カーペットに無残に転がる唐辛子。
今まで落ちなかっただけに、いきなり降ってわいた厄2コ分にりゅぢ氏はびびった。
そしてまた1コ、先日落ちた。

全8コあった唐辛子はあと5コ。
マリオでいうと、あと5キしかない。
こんなにも厄降り注ぐ世界に、5キのりゅぢ氏だけで乗り切ることができるのか否か。
どだい無理な話ではないか。その不安でりゅぢ氏は1キ死ぬ。
やはり8キ、フルで欲しい。


中華街といえば中華料理。
だがあれは一人で食べる料理じゃない。
そして先日、独りで行く中華街がいかに寂しいか体験済みだ。
うざいくらい甘栗配ってるチャイニーズにもスルーされる事実。その寂しさでりゅぢ氏は1キ死ぬ。

どうだろうか?中華街に行かないか?
できれば団体割引ききくくらいの人数で、ニーハオ言いたい。
そしてニーメンハオと言われて、少し照れよう。照れたりゅぢ氏は1キ死ぬ。

料理を注文する際は、密かに練習した『回鍋肉』を完璧な発音で頼もう。
だけどイカしたスリット、切れ込み気になるチャイナ娘は『はっ?』って顔をするんだ、きっと。
何言ってんの?この小日本人。的な。
それでりゅぢ氏は2キ死ぬ。1キはチャイナ娘の反応に傷ついて、もう1キはスリットの終着点が気になって悶え死ぬ。


ポンポンポンポンりゅぢ氏は死んでいく。こんなにも危うい世界に生きてく我々。
りゅぢ氏、100キくらい必要だ。

買いに行かねばならねば唐辛子。

案内できねーけど、みんなで行こう。っつーか行くぞ?来ない奴は置いてくからな。


そうしてりゅぢ氏は『来ない奴』だらけで独り中華街に向かう。



1キ死んだ。それは最後の本体。

ゲームオーバー、さよならユニバース


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。