スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イイワケ(前編)、しかも大したイイワケでもない

2009年07月30日 23:12

その老人は老人と呼ぶには余りにも若々しかった。



私と老人の出会いから、はや数年がたつ。
大国多摩神社の鳥居をくぐった辺り、大学をサボって木漏れ日散歩をしていた私に話しかけてきたのがその老人であった。
齢70をとうに超えていたはずであるが、艶の或る肌、豊かな髪、みなぎる生気、そういった全てのものが老人を若く見せていた。

『暑いですね』

そんな在り来たりなコトを話しかけて来た気がする。

「えぇ、そろそろ夏が来ます」

適当な相槌を打ちながら、その場を去ろうとした私であったが、それが出来なかったのはやはり何かしらその老人に感じるものがあったのであろう。
当初、老人の話を一方的に聞いているだけだった私だが、気づけば自分がしゃべっているコトが多くなっていた。
あれ?初対面の老人になんで私はこんなにも話しているのであろう?
夢中になって話をしてるうちに、辺りは茜色に包まれ始めていた。
カラスの哀愁溢れる声、セミの騒がしい音色、揺るぎ始めた暑さ。
大国多摩神社はまもなく夜を迎える。


『私は、この歳になるまで生きてきたが、これといった思い出がないのです。だから若い方の話を聞くのがとても楽しい。もし、キミさえよければまた大学の話、旅行の話、恋人の話、いろいろと聞かせてもらえたらうれしいです。』

そういって老人は去っていった。
連絡先を交換しなかったが、『また会えます』とやけに断定的な言葉を残して暗闇に姿を消していった。
それからしばらく老人と出会う事はなかった。
変わらず大国多摩神社の鳥居の下で老人は待っている気がしたが、なんとなく足を向ける機会もなかった。
そうして夏が終わり秋になり、冬の姿を確実に感じる季節となった。

忘れもしない11月中旬、私は当時付き合っていた女性に突如振られた。
理由も分からず『さよなら』と言った彼女は、私の元を去っていった。
鬱々と、誰に話しても気が楽にならない毎日の中、大国多摩神社へ行こうと思ったのは偶然であったのか。
理由はないが、老人が鳥居の下で待っている、そんな確信にも似た想いが私にはあった。

コートをはおりマフラーを巻く。
家をでてまっすぐ老人のもとへと歩みを進めた。
夏とはまた違った趣を表す大国多摩神社、遠目から見たその鳥居の下に老人の姿は見えなかった。
老人が私を待っている、そう確信を抱いていたのであるが、まぁそんなに都合よくもいかないよなと自嘲気味に笑う。
旧甲州街道の横断歩道を渡り、鳥居をくぐって数歩歩いた時、『やぁ、来たね』と後ろで声がした。

驚いて振り返ると、相変わらずの若々しさをした老人がそこに立っていた。
艶の或る肌、豊かな髪、みなぎる生気、そういった全てがそこに老人の存在をしっかりと主張していた。


~~~~~~~~~~~~
ちなみにこの話は言い訳である。
長い長い言い訳である。
それを踏まえた上で、続く(かもしれない)。(未だ言い訳の部分は出てきてないほど長い言い訳)
スポンサーサイト

ぶっちゃけ

2009年07月29日 22:21

免許の期限切れてた。



いやー気づかなかったなー。。
西暦か平成かでいうとどっちかと言えば、西暦寄りな生活をしているが為、今年が平成何年であるかなんて気にした事なかったよ。
思うに、今年は平成20年な気がするがどうやら世間様は21年なのだとか。
「免許の更新は来年だぜ」とか思ってたら、もう切れてた。

そんなこんなで免許を再取得してきた。

しかしこれ、道のりが長かった。
住民票が実は以前住んでいた文京区から未だ移してなく、まずは文京区の区役所まで出向いて転出届。
ボクはバカだけど正直なので、「免許が切れてたから住民票移してないコト思い出した」と言ったら、『免許が切れないと思い出さないモンですかねぇ』と若干嫌味言われた。
ボクはバカだけど正直なので、「うるせぇ、お前のハゲ頭、タオルで磨きをかけて反射鏡にするぞ」と啖呵を切ってやった、心の中で。

そうして次は府中の市役所に転入届。
大国多摩神社の隣にある市役所は、セミの音が騒がしい。
鳥居をくぐり鎮守の森の木漏れ日の中、市役所へと入っていく。
外の喧騒や暑さが嘘のように涼しい冷房の効いた市役所は、、、お前らエコをしらねぇのか?

『住民票はいりますか?』

と親切なお姉さんが聞いてくれたので、免許の取得だし欲しいと答えた。

「ちなみに免許の取得の場合、本籍とか必要ですか?」

『いえ、現住所があれば大丈夫なので、本籍などは不要のトコロに○してください』

ふむ、できる子だよまったく。
そうして無事転入も済まし、住民票も手に入れたボクは次に免許センターへと向かう。
バイクで行こうかとも思ったが、よっく考えたら期限切れてるから免許センターへ行くわけであり、さすがにまずいだろうとバスで行くことにした。

バス、この公共機関を実はほとんど乗ったことがない。
故に乗り方を知らない。
前から乗るの?後ろから乗るの?お金はいつ払うの?
そんなドキドキを抱えつつも前の人と同じようにすればいいことに気づき一安心。

府中市には『ちゅうバス』と呼ばれるちっこいバスが走っており、一律100円だ。
もちろんその他にも小田急だか京王バスだか民営?のバスも走ってるが、多分もっと高い。
なので、このちゅうバスを利用する。
平日の昼間なので乗客は少なく、わずかに5人ほどだった。
手持ち無沙汰なボクは、持っていた本を開き読書の世界へと入っていく。
わずかな乗客も徐々に降りていき、多摩墓地につく頃にはボクとおばあさんの二人だけとなっていた。

バスは多摩墓地の横を静かに進み、終点の多磨町へと向かう。
きつい日差しが木々の緑に遮られ、柔らかな暖かさを肌に伝える。
バス内の冷房といい感じに混ざり、とても気持ちのいい空気だった。

ふと気づくと、最後の戦友であるお婆さんの姿が消えていた。
本に夢中になっている間にどこかで降りたのであろうか?
出口の真後ろに座っているのに気づかないなんて事があるだろうか?
しかしいないのであればどこかで降りたのであろう、そう何か思い切りの悪い中自分を納得させた。

多磨町で降りて、多摩墓地をなぞるように免許センターへと歩いていく。
先ほどまでの晴天が嘘のように、空はどんよりとしてきた。
若干の小雨がパラつき出した頃、早足になったボクの眼にとまったのは、あのお婆さんの姿だった。
晴れている時と変わらぬ歩みで、墓地の中へと入っていくその姿。


どこで降りたのだろう?なんでボクより早くここにいるのだろう?


そんなもやっとした疑念が心に湧きあがる。
背筋に汗がつたい、ヒヤッとした風が墓地から吹いてきた気がした。
小雨のパラつきだけでない何かがボクの足を早め、免許センターへと駆け込ませる。
抑えきれない動悸、全身に流れる汗を見た免許センターの人が言った。


『あー、りゅぢさん?免許の取得には住民票に本籍必要なんですよねー』


パーーーーンッ

あのクソ公務員っ!!

セカンドインパクト

2009年07月28日 04:05

アゲイン。



飛行機の二大派閥はすでに歴史的事実において著名な事柄であるが、あなたはどちらに属するだろうか?
恋する惑星・旅するオレとしては断然通路派である。
わかる、わかるよ?窓側で外の景色を見ていたい気持ち。
だけど空の景色なんて代わり映えがしないし、毎回見てりゃ飽きがくるってもんだ。
さらにいえば、飛行機の羽って結構揺れている。
なんなら取れるんじゃないか?ってくらいにガックンガックン揺れている。
おまっ、これを数時間見続けるのはかなりの不安だぞ。
『次降りますボタン』とかついてたら連打するっての。

というわけで、通路側か窓側かと問われれば、声をあげて通路側を主張する次第である。


だがしかし理由はそれだけとどまらない。


あの日私は、通路側でも窓側でもない実に中途半端な真ん中の席になってしまった。
これはつまらない。ほんとにつまらない。
両サイドに人が座っており、景色も見えない気軽に立つこともできない、いいことなしづくめの席である。
うぢうぢとした気持ちのままフライトに耐えているとやってきたは猛烈な便意。

通路側ならすぐにトイレに駆け込めましょう。
窓側なら美しい景色に心紛らわせましょう。

しかし、私の席はそのどちらでもない地獄の真ん中被告席。

耐えた。私は限界まで耐えた。

しかしこれ臨界点ギリギリになった時、ついに隣の人にすみませんと断り席を立ってヘブンズドアーへ向かおうと決意したさなか気づいた立ちはだかる現実。


となりのおっさん、外国人。


どこをどう間違えても西洋人のおっさん、こいつを乗り越えねばオレは天国にいけない!


でももうちょっと耐えてみた。


もうムリ、これ以上は上空数キロのここ飛行機の中で大惨事を起こしてしまう。


『エクスキューズミー』

意を決してかけた言葉に快く応じてくれる西洋人。
なんだ、いいやつじゃん。
ありがとう、サンキューおっさん。
おいらのパンツを清潔に保ったのは名もないあんたのおかげだ、パンツの恩人よ。


飛び込んだ先は秘密の花園、天国への階段。
無事ことを済ませ再び『エクスキューズミー』とにこやかに通してもらって席におちついた矢先、


第二派到来



えっ、さっき済ましたばかりなのにっ!?
となり外国人なのにっ!?
ちょー気まずいけど!!



『エクスキューズミー、セカンドインパクト、カミングスーン』


『えっ?』って嫌な顔された。

ゆえに私は通路派である。

夏バテをしない健康法

2009年07月25日 14:23

人生を彩る嘘。



雨月(ゆげつ)さんという方のライブに行ってきた。
ピアノも歌もうまくて、ちょっとびっくりした。
相変わらず音楽を評価する言葉を持たないので、『びっくりした』この程度でしか表現できないのが残念。

夏バテを乗り切るため、彼女は“梅にんにく”を食す。
毎朝4粒の“梅にんにく”をご飯と一緒に食して、気分さっぱりだ。
去年だったら、今頃には食欲減少していたのに、今年は“梅にんにく”のおかげで食がすすむのだと。
へーすげぇな、“梅にんにく”。


ところで、“梅にんにく”て何??


そんな“梅にんにく”をつゆぞ知らぬりゅぢ氏は、梅のようなにんにくか、それともにんにくのような梅か?はたまた、梅とにんにくのバイオ技術の結晶か?などさまざま想像をぶっ飛ばしていたが、その実、梅エキスに漬けたにんにくという至極もっともな代物であるとこに落ち着いた。
さらにそれと、素っ裸健康法。
おいおい、アーティストの女の子が素っ裸で寝てます!とか言っちゃって良いのかい?と、思っちゃうくらいほんわぁ~とした子なんだが、『素っ裸で寝ると健康にいい』それは残念ながら嘘だ。
確かによく聞く気がするよ、『裸で寝ると気持ちいい』『健康にいい』『裸族』。
気持ちいいのも裸族も本当であるが、『健康にいい』その一点に関しては嘘だ。


オレ、今日、ちょー具合悪いもん。


エコな人間なんで、エアコンはつけてない。
風通しよくして寝ているんだが、暑い。
故に裸族。服なぞ着てられぬ。
なぜこれで風邪をひく?健康になってない。


もしかしたら、パンツだけ履いているのがいけないのか?
完全裸族じゃないと、健康という輝く青春は手に入らないのか?
最後の羞恥心であるこの腰周りの布が、オレの健康を遠ざけたのか?

むむむ、ならばと今すぐこのパンツを脱ぎ捨てたいところであるが、実家である。
そして、我が家にはすでに裸族っぽい方が一人住んでらっしゃる。
家に2人も裸族がいたら、さぞかしメイワクな話じゃないか?
例えば朝食、家族で食卓を囲んだ時、裸族が2人、食パンを齧ってたら残りの1人は何をおかずに食をすすめん。


故に、りゅぢ氏の健康はなかなか手に入らないのである。

消費期限

2009年07月23日 14:13

賞味期限



賞味期限なんてもん、一つの目安だなんてコトは周知の事実であろう。
その日を境に急に食べれなくなるなんて、ありえない話である。
故に2、3日過ぎていようが気にする必要なしといえる。


世界には一握りの食べ物も手に入れられない人々がいるにも関わらず、完全な安全保障圏内の賞味期限を守るのは実に申し訳ないコトだ。
なんてキレイごとでなしに、単純に「もったいね」と貧乏性の私は思うのである。

この先、世界規模の食糧難が起きて極端な話、食料を求めて戦争といった修羅場になったら、今の賞味期限なんてくだらない線引きを後悔するかもしれない。

あんくらいなら、全然食べれたよね、、

いつかみんながそう思うでしょう。


そして今日もりゅぢ氏は悩む。
冷蔵庫の中にあったピザ一枚、オーブンでチンすれば食べれます。
ただし賞味期限は7月4日、20日前。きっと生まれはUSA。ボーン・イン・ザ・USA。

「目安みたいなもんだしな、いや、しかし20日前はさすがにキツいのか?」

悩んだとこで、いつだって軽やかにゴーサインはだされる。
だいじょぶだって、1ヶ月くらいまでなら平気だよきっと。

たいへんおいしゅう頂きました。



そうして今、私とトイレはかってないほどの蜜月を迎えている。
『蜜月』などというと甘い甘い関係を想像するが、実際修羅場である。
忘れていた、オレってお腹弱いじゃん。
ていうか、つい先日もお腹壊したばっかじゃん。
20日前はいかんかったー、やっぱりいかんかったー。
よっく見たら『消費期限』だったー。『賞味』じゃなかったー。
『消費』と『賞味』じゃ意味が違うらしいぜー。。


『男の子って、どうしていつも無茶な事ばっかしちゃうんだろうね』


そんな感じで見守っててください。
膝がガクガクするぜ。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。