スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋人が異性と遊ぶのはアリかナシか

2009年04月30日 09:00

とっかかりとしてブログネタなんだけど実際この質問自体はどうでもよくてな。



焼餅屋さんの氏は、『アキラメ』というスキルをすでに獲得済みである。

そうそう毎日『餅を焼く』なんて重労働やってられますかっての。

折れた心は折れ易く、諦めを知らないと根元からポッキリいっちまう。

故に氏は『アキラメ』というスキルを持っている。

ちなみにこのスキルを発動すると相手に対し無感動無感情無関心になる。


だが逆に『お前は異性と遊ばないのか?』といわれると、これまた節操ない話であるが遊ぶ。

(彼女でなく)そのお相手さえ気にしなければ2人で飲み明かすのも辞さない構えだ。

これは異性同性問わず、人として『好きだな』と思った相手にはベッタリな氏の性格ゆえである。



さて、ここからが本題。


多分、人には理解されないだろうけど、これって超萌えワード集。

ほぼ間違いなく理解されないだろうから、読んでキモイと思うようなやつはここでやめとけ。

心臓弱いやつもやめとけ。


同志は求む。





ケース?

『こんなに良いオンナがいるのにほかのコと遊ぶ必要がある?』

激萌え。

もう謝るしかない。

自分のことを良いオンナと言い切る所が好き。



ケース?

『なんで?私がかわいいからいけないのですか?』

激萌え。

映画『おいしい殺人(だったかな?)』で奥菜恵が言ってたから。

自分のことをかわいいと_(以下略)



ケース?

『来ちゃった♪』

殿堂。



ほかにもあるけど、ここら辺にしといた方がお互いの為だろ?


スポンサーサイト

最近ふとした瞬間にs__

2009年04月29日 09:00

最近空がやけに青くてs__



最近ふとした瞬間、あれどっちだったけな?と悩むことがある。

例えば『崖の上のポニョ』か『崖の下のポニョ』か。

見たことないアニメだけに、イマイチ思い出せない。


んーでもポニョって魚でしょ?

魚だったら崖の上にはいないでしょ。


むむむ、説得力アリ。

そりゃそうだ。魚だったら崖の下の海なり川なりにいるはずでしかり。


んーでも崖の下だったら、わざわざ崖の下なんて言わず『ポニョ』でよくね?

普通じゃん、崖の下に魚いるの。


説得力、超アリ。



最近ふとした瞬間、あれそーいえば?と悩むことがある。

例えば『燃えないゴミはなんでいつも水気を含むか?』。

持ち上げた瞬間、ジャバダーと流れでる水気、あれは一体なんなのか。


んー湿気?

燃えないしやっぱり水気を含むものが多いんじゃん?


むぅ、説得力なし。

水気を含む?んなもん捨てた覚えなし。


んー、、、あっ!!

俺、さっき缶捨てた。あれまだ残ってたわ。それだ。


死ね。今すぐ死んで来い。



最近ふとした瞬間、あれどこやったかな?と悩むことがある。

例えば財布。ここんとこで2回失くした。2回とも見つかったけど。

例えば携帯。ここんとこで2回置き忘れた。2回とも見つかったけど。


いいかよく聞け。3回目はないぞ、3回目はさすがにないぞ、自分。

仏の顔も3度まで、2度あることは3度ある。

3回までは許される気がするけど、ないからな。



3回目、それは私が悲嘆にくれて東尋坊へと旅立つ時。

霞を食べてエコロジーでもう抜け毛も気にしない

2009年04月28日 09:00

面接官は前田さんといった。



かねがね氏は仙人になりたいと強く思っているわけであるが、それは崇高なる理念ゆえである。

仙人とは山深き場所に住み、霞を食べ世の摂理から解脱した人間である。

氏が仙人になることによって、食料問題が多少解決する、ゴミを出さない、住宅がいっこあく、いいコト尽くめである。究極のエコロジー、お父さんお母さんもきっと大喜びだろう。

けして仕事したくないとか、人と関わりたくないとか後ろ向きなナガティビーではないのである。

先日のことだ。氏が駅のトイレに入り用を足してると、壁にチラシが貼ってあった。



『仙人募集!キミも今日から仙人だっ!


待遇 社会保険等完備

給料 経験によるが応相談


未経験者歓迎!!

→090-××-○○ 前田』



こ、これわ!!

どこかに募集が出されていると信じ、リクナビをこまめにチェックしていたが、まさか駅のトイレにチラシがだされていたとわ。ふむぅ、盲点。仙人ともなると、募集告知に場所を選ばずということか。


早速、氏は用を足すカッコのまま携帯を取り出し電話をした。



「もしもし、すみません、仙人募集の告知をみて電話してるんですが_」


『あ、ハイハイ仙人ね。そうですね、とりあえず面接したいんだけど?今から来れます?』


「え?今からですか?えー場所はどこでしょう?」


『新大久保。駅着いたら迎えに行くから電話またしてね』


「あ、あの!え?ほんとに今__」



切れた。

かくて氏は仙人募集に応じることになったのである。



(もしかしたら)つづく

怒りのプリカ

2009年04月24日 09:00

人の金の可能性を狭めるな。



憤っております。

なぜかって?

あんさ、ちっちゃいちっちゃい話をするけど、図書券って分かるよな?

あれってさ、500円の図書券を500円で買うのって釈然としなくね?

もっというとさ、ほっとんど見なかったけど、文房具券とかもはやもれなく損した気分になるよね?

考えてもみろよ。

お金ってすでにそれ自体が日本銀行が発行する券なのよ。

いいかい?ここまではいいかい?もう飽きたか?


ほぼすべての商品に対して有効な日本銀行券から図書にのみ有効な券に取り替えといて、どこが等価交換なのか?

500円という同額であらばはたしてこれは等価交換といえるのか?

ちょー損してんじゃん!図書にしか使えないじゃん!!お金なら図書以外のものも買えるじゃん!!図書券でエロ本って買えるの!?



長い前置きでした。本題。



先日、春の陽気もウララ、わたくしバイクで道路を風のように走っておりました。

気持ちは風でしたが、現実問題ガソリンという燃料で走ってる故に給油が必要なんですね。

で、目に入ったエネオスでガソリンを入れたわけだ。

小銭とか出すのめんどいから、2000円いれて10リットルくらい入れたの。

するとお釣が約800円。

お釣お釣・・・え?出てこない?

て、思ったらプリペードカードになって出てきた。

え?なにこれ??

プリペードカードには残高800円の文字。

よっくみると、給油するとこにこう書いてあった。


『現金でご利用の際お釣は次回から使い易いプリペードカードで発行いたします』



余計なお世話!!


次回から使い易くない!どーすんだよ、こんな家から離れたガソリンスタンドのプリカ手に入れて?

これ、ここのエネオスでしか使えねぇし。


図書券はどこの本屋でも使えるからまだいいよ?

しかし、このプリカ、ガソリン限定な上にこの店限定、しかも家から遠く離れてる。


そんわけで、わたくし憤ってるのでございます

戦友よ、キミは今

2009年04月11日 09:00

戦友(とも)と呼べる奴がいた。



幾多の厳しい、まさに死と背中合わせの状況下、共に戦ってきた友。

降り注ぐ死の粉を潜り抜け満身創痍になりながら労りあった友。

おぉ、友よ。今回も私と共に戦ってくれるのかい?



『いや、私、今年は大丈夫みたい』



・・・・・あれ?



負った傷は小康状態を向かえ、もはや治ったものだとばかり思っていた。

つかの間の休戦といえど、太平を謳歌する権利を手に入れたと思っていた。

しかし、それは浅はかだったとしか言いようがない。

完全に油断していた私にヤツラは容赦なく傷口を狙い攻めてくる。


花粉(敵)は杉(ぴーこ)だけじゃない。



ひどい、ここ数日ほんとにひどい!

何ぃ?花粉もう終わったんじゃないの?

2月で杉花粉はほとんど出尽くしたって聞いたけど??


どうやら杉以外に反応してるんだね。

しかも現在のほうがかなり重症。

何花粉だ、私をこれほどまでに苦しめるのは誰だ!?

ふと、友の言葉を思い出す。



『私、今年は大丈夫みたい』



大丈夫?何故??平気になったとは何か特効薬的なモノをもしや手に入れたのでわ??

教えてくれ、それを教えてくれ!!



『小青竜湯、なんか必殺技みたいな名前じゃない?』



興味がなかったわけではないが、その時医者に処方された薬を飲んでいた私は、漢方ということもあり即効性はないんだろうなと、その大層な名前の薬を笑って聞き流した。

だが今、完全に油断をし薬を切らした私は火急的速やかに薬を手に入れる必要があった。

そこで思い出したのが、彼女の笑顔だった。



『小青竜湯、なんか必殺技みたいな名前じゃない?』



必ず殺す技。

そうだ、私の中の花粉という花粉を小青竜湯がきっと殺しつくしてくれるであろう。

万感の期待を込めて、小青竜湯を手にしレジへと向かい購入する。

いざ封を切り、中を覗くと粉薬の小青竜湯がいた。

一粒一粒に『よろしく頼むぞ』と声をかけたくなる気分だ。


一息に口に含むと、苦い。良薬は口に苦し。この苦味がきっと効くのであろう。

だがさすがに水なくては飲めないのでペットボトルのフタをあけて水を飲もうと__



はっくしょぉーーーーい!!



口に含んで今か今かと戦場へ赴くのを待っていた小青竜湯達は、内側から吹き出る風に押され空中へと舞い上がった。

それはさながら朝日を浴びて反射する朝露の如く美しさであったという。

どんなに効き目のある薬といえど、体内に入らないのでは意味がない。



友よ、粉薬はダメだ。錠剤でお勧めはないか?




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。