スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ、鎌倉街道!

2009年05月08日 09:00

昔、アゴのでた偉い人が言いました。『この道を行けばどうなることか』と。



日本に『なんちゃら』街道は数多くあれど、果たしてその街道を走り続ければ『なんちゃら』にはたどり着けるのだろうか?

誰しもが一度はその疑問を抱き今日という日を過ごしている。

だが、それを確かめる阿呆な人間がいないという事実。

否、むしろ『なんちゃら街道とついているのだ、なんちゃらに到着しないわけないだろう?』という誤った認識を盲信することで諸兄らはおのずからその眼を閉じているのである。


だが俺は違う。


くわっと眼をあけ、その日本道路公団が作った嘘をあばいてみせようじゃないか。



それは毎回通る道路、信号についている標識を眼にしたときから始まった。



『鎌倉街道入り口』



甲州街道を新宿方面に走り環八を過ぎた辺りにある小さな信号、それにこの標識はついていた。

鎌倉街道入り口?え?入り口どこ?

そのくらい小さな信号だ。

なんでこんなところから始まるの?

そう思わずにいられないおよそ鎌倉とは無縁ぽいスタート地点だ。

そういえば小学校の頃やらされた府中の郷土カルタにこんな一枚があった。


『関戸を渡る鎌倉街道』


ここから始まった鎌倉街道が我が故郷府中まで続き鎌倉に至るのだな。そう思うと感慨深く、ぜひここから鎌倉へと到着したいものだ。『いざ、鎌倉!』


鎌倉街道入り口と書いてはあるものの、ここから府中までは甲州街道と重なってしまい、ビックネームにその影を潜める鎌倉街道。

しかし、甲州街道と決別した府中の分岐点で突然姿を現す。

おっし、この名前、見失うまいぞとカッと見開くわが眼。

多摩川の上をまたぐ関戸橋を、かのカルタの一節とともに鎌倉街道を走る。

片側3車線の大きな通り、これこそが鎌倉へと至る道。


と、おもったら突然わき道に逸れる鎌倉街道。

あきらかにメイン道路とは外れてしまった感が拭えない。

どうした鎌倉、お前に相応しいのはあっちの大きな通りではなかったのか!?


そのまま特に大きくもない通りを走り続け町田へと到着。

この時点ですでに1時間以上は走り続けている。

青看板には新百合ヶ丘の文字。あれ?意外と進んでない??

それもそのはず、ゴールデンウィークで道は激混んでいた。


町田を通り過ぎ_って思ったらまた町田だ。

さっき相模原に入った気がしたのだが、また町田だ。

おいおい、どんだけ町田でかいんだよ。ちょっと鎌倉街道さんたら町田くんに執着しすぎなんじゃないの?町田くんメイワクしてるわよ。

もしかしたらこのまま町田から抜け出せないんではないかというくらい町田を走り、青看板に出た文字は国道16号線。

鎌倉街道は国道16号線に飲まれた。



おい、これはおかしいぞ。

国道16号ったらこんなに時間かかんなくても、関戸橋を通った道をまっすぐ行けばすぐにぶつかる道じゃないか?わき道的な鎌倉街道を通らなければ比較的すぐでれる国道だぞ。

はたはた混乱した結果、昼食がてらファミレス、ジョナサンに入った。

ここで秘伝の地図という書を開きわが道確認。


ふむふむ、ここがこうなって__あーハイハイ、なるほどねー_ふーむぅ_ほー



壮大な遠回りだった。



それはそれは壮大な遠回りだった。


みると目的地の鎌倉まではまだ半分も来ていない。

あげくのはてに走っていたと思ってた鎌倉街道はどこからかまたわき道へとそれ、今走っているとことはかけ離れたところに進んでいる。

どういうことだ?青看板に書いてある文字を見逃したつもりもなく、鎌倉街道をしっかり走ってきたつもりなのに__


深遠なる道路公団の罠に嵌まり、鎌倉街道を走り続けて鎌倉に着くという目的を煙に巻かれた気分である。

その煙の向こうでヤツラはほくそ笑んでいるのだ。

むむむ、許せぬ!鎌倉に必ずやたどりついてやるぞ__時計をみるとすでに夕方だった。



帰るか。



くっきりと残ったバイク焼けの跡。

家から遠く離れたジョナサンで飯を食った。

それだけで満足じゃないか?なぁ、そうだろう?そぉーだとーいぃってよー



リベンジ仲間求む。

スポンサーサイト

寒い中修行したくありません

2009年02月06日 09:00

しまった、時間がない。


母が車を出すというので氏は便乗し、駅まで乗せていってもらった。

少し車を走らせると『あ、忘れ物した!』と家に引き返す。

おーい、しっかりしてくれよ母さん。

『あんた、時間大丈夫?間に合う?』

まぁ、自慢だが氏は比較的パンクチュアルな人間であり、30分くらいの余裕は常にみている。

余裕の笑みを湛え、綽々(シャクシャク)してた。

駅で降ろしてもらい改札を通ろうと定期を出そうとすると、えっ定期がない?ハイ忘れたー。


車で通ってきた道を歩いて帰る。むなしい。

家に着くと、すでに綽々だった余裕は消えていた。

これは間に合わないんじゃないか?


電車だと微妙に間に合わない?間に合うの?おばあちゃんは?ねぇ、おばあちゃんがいないよ?的時間帯。

こいつは、、、バイクしかない!!

期せずして、今年初バイク出動。


まさかこいつを再び使うことになろうとわ。。

氏は禁断のマシーンをしげしげと眺める。

キーを差込み悪魔のボタンを押すと、眠りから覚めた奴は喜びに悶え身体を震わす。

そう、氏は昨年末、こいつを眠りにつかせ堅く封印したのだった。



さみぃんだ。なんでって、ものっすごく寒ぃんだ。


あんね、人間の身体って寒い時、心臓を守る為に末端の手足に血を送るのやめちゃうんだって。

トカゲの尻尾切りみたいなもんだよね、見切りをつけるっていうか。

でだ、バイクにまたがり家をでて1コ目の信号に着く頃には、すでに手足の感覚がなかった。



ちょっ、見切り早すぎ、早すぎだって。



開始3分早々で、手足の感覚を失った氏は、約1時間の道程を耐えられるのか?


『ホントの戦いはこれからだ!』的な終わり方をしてるのは、リアルに時間がまずいことになったから。

やばい、約束に遅れる。

続かないかもしれないけど、後記する予定。

ごめんなさい。

グリップ力があがった

2008年11月23日 09:00

いつもバイク乗るときは、軍手を付けている。

手袋買えばいんだろうけど、まぁ軍手も2枚重ねたら温かいもんよ。

この軍手2枚、一枚はブツブツ付で1枚は普通のヤツ。

中側にブツブツ付を、外側に普通のを付けていた。

ブツブツ付の方が新しくてキレイだから、中側にあえてつけていたんだけど、先日1枚人に貸して戻ってきた際、たまたま中と外を交換してみた。


そしたらグリップ力が上がったの。



これ、当たり前か。

でもね、グリップ力が格段に上がったその瞬間、笑いが止まらなくて家に帰るまでずっと含み笑いしてたんだ。


『むふっwグリップ力あがったww』


と、文字通りほくそ笑んでた。

ほんとにすげぇオモシロくて、笑いが腹からこみあげてきたんだけど、全く伝わらないんだろう。

帰宅中はほんとにおかしかったんだけど、今これを書いて自分で読み返してもまったくオモシロくないんだから、他人には伝わらないだろうな。


ほんとは先日山梨に遊びにいって、その事を書こうと思ってたのを変更してまで『グリップ力が上がった軍手』について書いちゃったことから推察して考慮してください。



すごく悲しく凹んで、それから憤慨して、気分取り直して楽になり、最後の最後で『グリップ力』でほくそ笑む。

そんな忙しい日でした。

次号、パイナップルスヌーパー

2008年05月18日 09:00

そう今日はかの京王沿線不発弾処理DAYだ。

よもや60年前のもんが、いまさら爆発なんてことはないだろうが、何が起こるかわからない。

それにともない、電車は終点新宿までいかず途中で折り返し運転となった。


そんなわけで、ボクも新宿に電車ででれないから1度入れたシフトを外してもらった。

しかしボクには強い味方が先日できた。バ・イ・ク。

バイクでいきゃいいじゃんか、ということで外してもらいながらも、もう一度いれてもらった。


すっかり忘れてたけど、雨だったらどうしよう?

いやいや、天気予報じゃ今日、日曜日は晴れのはずだ。

しかし、深夜から雨が降り出し絶望に浸る。ヒタヒタに浸る。

どうしよう、こんまま朝まで降り続けたら?

そんときはあれだな、持病がでたことにするか?持病の仮病。


そんな心配をよそに普段の行いがとても良い、学級委員長なみのボクのおかげで今日は晴れた。

不発弾の周辺1キロだかは通行止めなんで、甲州街道は使えない。

そうなるとちょいと遠回りしていかなきゃなんないなー、どんくらいかかんのかなー。。

甲州街道で行くと、恵比寿までは1度だけ曲がるだけでついてしまうなんともお手軽ルート。

これ以上の最短はないだろう、ちょっと早めに家でたほうがいいな。




近かったの。



その遠回りルート、普段よりぜんぜん近いの。




近回りだったんですよ、あら、びっくりって感じですよ。

なんすか、どういうことですか?

シフトインより1時間半も前なんすけど・・・、、どうしろと?


そもそも、どんだけ遠回りするつもりだったんだ自分!?



~完~



次号、新連載『パイナップルスヌーパー~気になるあの子はパイナップル~』!乞うご期待!!

被害妄想~バイク修理日記1~

2008年05月14日 09:00

2年ほど乗ってなくすっかり動かなくなったバイクに乗ろうと最近修理し始めた。

修理といってもバッテリー変えたりマフラーとっかえたり、エンジンオイル交換くらいが関の山だが。

でだ、偉そうなこといっといて、うちにはまず工具がない。

ドライバーぐらいならあるけど、なぜかプラスだけ。マイナスどした?


んなわけで、まず工具をそろえよう、そしてバッテリーもついでに買おうかなと、近くの二輪館に行ってきた。

バイクを直す道具を買うために来たわけなんで、もちろんバイクでくるわけなく、車で来るほどの距離でもないので自転車でやってきた。

駐車場にずらっとならぶバイクの列。そして車。

バイクにならんで自転車を停めた。

こんなに駐輪場が大盛況のなかチャリ1台だけ。



二輪館の二輪は自転車のことじゃないぜ?



周りの人たちの心の声が聞こえる。

ボクだって、ぼくだってぇぇ~~~!バイクもってるもん!!!



それ以来、二輪館には車で行くようになった。

四輪ですけど?



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。