スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川県気多大社

2010年11月02日 16:56

気多大社





これぞ噂の恋の守り神、気多大社とな。
曇っているような微妙に晴れているようなそんな写真に見えるがその実、暴風雨と呼んでも差し支えないくらいの悪天候であった。
いわゆる破天荒、そう破天荒なヤツであった。
荒ぶる日本海を臨めさえぎるものがなにもない駐車場は特に酷く、車の扉を開けるのも一苦労、なんならゴロンと車がひっくり返るんじゃないかと思うほどの強烈な風、そう特に風が酷かったのだ。
そんな悪天候であるにも拘わらず、恋に後ろ押しを願う人々はこぞってやってきており、10数人の参拝者がいたように思われる。

りゅぢ氏はといえば、神社の雰囲気・造形・鳥居などその全てを愛しているのだが、一方で宗教としての神の存在を全く信じていないので祈願・お祓いといったものには興味を示せなかった。と、いうよりもそれは奇異であった。(とは言えお祓いをしている巫女さん、それは大好きだ)
故に友人たちがお祓いをしている2.30分の間、うろうろと境内を周ったり風に吹かれて上空から眺めたりと自由気ままに遊んでいた。


ところでこの神社、縁起的なものを書かれた看板が見当たらなかった。
大抵どこの神社にも、○○という神様がやってきて鎮守してます~といったような簡単な起源が書いてあるが、それがなかった。
『恋の神社』と何故呼ばれているのだろうか?
祭神は大己貴命なので大国主の若い頃の名である。
大国主といえば国造り、国譲りをしたメインの神様である。
関係なくもないのかもしれないが、『恋』の神様ではない。
一方で出雲大社の祭神も大国主なので、年に一度全国の神様が集まる神無月に話し合われる事が恋話なのを考えれば別に問題はないのだろうか?

ちなみにこの気多大社は能登国の一宮らしいので、この近辺では一番社格が高い。
歴史的にも畠山氏や前田氏にも手厚い保護を受けており、さらに大伴家持も訪れているという。
あの万葉集の大伴家持がわざわざ訪れる、そんな歴史ある由緒ある神社がたかが『恋の守り神』だとっ!!

にわかに信じがたいのです。


一体、畠山氏も前田氏も何故手厚い保護をしたのか、恋の神社に。
そう思うと、『恋の神社』としてはそれほど歴史が深くないんじゃないか?と思われる。
だから縁起も境内に置いてないのではないか?『それ(恋の神社呼ばれる起源)については言うほどのコトはない』と。
さらに言うとこの気多大社、割りと最近まで裁判でゴタゴタしていたという事実。
神社なのに裁判で何事かを争っていたらしい。

実に泥臭い。


どちらかといえば、神聖さがない。
にもかかわらず境内には、恋を願う絵馬がずらりと並べてある。
幸せな願いゴトが所狭しとかけられている。

『良縁がありますように』
『○○と××の中が永遠に続きますように』
『大好きな○ちゃん、愛してる×子』
『今年中にステキな出会いがあるように!』

そんな中で良い表現を使っている絵馬を発見した。


『○男と×子の恋が千年の仲となり、幸せな家庭を築けますように』


千年の仲!
詩的な表現だっ。素晴らしい。
ちょっと感動したのだが、その絵馬のはじの方に『はやくBABYを授かりますように』と書いてあり、ベイビーってお前、大国主は多分英語とか分かんないんじゃないかな?と少しゲンナリしたのであります。

そういうときっと、『ラブラブ』とか『ハッピー』とかそんな表現も通じないと思うので、神社で祈願する際は充分に気をつけることをオススメする次第です。
スポンサーサイト

武田八幡神社

2010年07月06日 13:21

湯治



ふと、おいしいソフトクリームが食べたくなって、山梨の清里高原まで行ってきた。
家をでてから2時間、道なかばにして『ミニストップのも美味しいよな』と不埒な想いが心にちらついたが、あえて見ない振りをした。が、確かに見えていた。


道すがら、『武田八幡神社』という看板をみかけたので寄ってみた。
山梨で武田と言ったら、そりゃもう武田信玄なわけで、ゆかりの神社かと期待高まる。


これが意外にもとてもいい神社だった。
まず立派な鳥居。




そして山道の坂道を登ると深く大木に覆われた山。
そこに石でできた小ぶりな鳥居と、立派だが古めかしい門。




御神体まで、やけに前のめりになる傾斜の階段を登っていく。




静かである。

パワースポットというよりはマイナスイオンに溢れた場所であったが、よい神社だった。


中略、ソフトクリームうまかった。




ほうとうもうまかった。桔梗屋の信玄餅もうま…(略)


せっかく山梨くんだりまできたんだし、温泉につかろうと、もはや馴染みとなった懐かしの『紅富士の湯』に行った。
そこで、『えっ、こんなん出してていいの!?』と下世話なりゅぢ氏はドキリとしてしまった。




親指立ててるだけなのね。
なんかしらブツを握ってると思った。玉の付いたブツを。


あれ、オレだけか??

三島大社

2010年06月28日 19:13

突如思い立って三島大社にやってきた。





『一人』という字にはあまり感じるものがないが、『独り』になると途端に哀愁を感じるのは何故だろう?
ま、そんなことボクには関係ない、ないんだってば、寂しくなんてないんだからっ!


かの有名な三島大社だが、数時間の孤独に耐え車を運転してきたわりには来なくてもよかったんじゃね?ってくらいにそれほどたいした、、、とても素敵なところでした。
ちょうど結婚式が行われて、和服姿の花嫁さんがキレイに着飾っていた。
花嫁泥棒と世間を騒がせたのも昔の話、いまは真人間としてまっとうな人生を送っているはずのりゅぢ氏だったが血をたぎらせた。
が、花嫁の隣には薄い羽織りをはおったみ、み、み、み、みぃ~~巫女さんがぁぁぁーー!!!


巫女さん


巫女さんには特に興味はない。ただ、学術的に巫女服に興味があるだけだ。
あの魅惑の衣装に興味あるっていうか研究対象?それそれ。
あの魅惑の袴に魅惑の白い上着、さらにその上に魅惑のシースルーの軽やかなものを魅惑的に羽織ってると、ボクの学術的探求心は燃え上がる。
これはまぁ他人の話であるが、神聖なるものを汚すとこに燃える。堕天使に萌える。彼の場合は。

性的な話ではありません。あしからず。
しかし三島大社。完璧な巫女服であった。


来てよかった。。

成田山

2010年06月22日 15:50

思い立って無計画



突如として何かをしたくなることがある。
例えば、かのジャンヌ・ダルクは突如フランスを救いたくった。
例えば、ライト兄弟は突如空を飛びたくなった。
例えば、ピョートル1世は突如ヒゲを切りたくなった。
そしてそのどの偉人も、それをやり遂げているという事に注目したい。
ここに現代日本の偉人たるりゅぢ氏も突如としてやりたくなった。


飛行機が見たくなった。

それも今まさに飛びたたんとする飛行機である。
空を見上げれば遠くに見えるちっぽけなヤツではない、ごぉぉぉっと轟音を響かせ重力の鎖を物ともせずに引きちぎらんばかりの力強いその姿を見たい!
そう思ったら居ても立ってもいられない。
早速成田まで出かけていった。

電車ですら2時間以上かかる距離である。
車なぞもっとかかるに決まっている。
だがりゅぢ氏はめげない。
何故なら成田には、成田山という素敵な寺があるのであった。

ちょっと寄ってみた。





曇っていたのであるが、不思議と着く頃には晴れ渡り青い空が広がった。
カキ氷を売っているおばさんが『昨日は異常なほど暑かったのよ。お客さん今日でほんとラッキーね』と言ったが、十分暑くてこのカキ氷、顔に押し付けてやろうかと思った。

naritasa.jpg

広い。ものすごく広い。
思わずカキ氷のおばさんに『広いですね』と言ったら自慢げに『広いわよー、全部見て周ろうと思ったら1日はかかるわよ』と言われた。
後ほど、我が虎の子である全国パワースポットガイドを広げると、『全部見ようと思ったら2時間はかかる』と書いてあった。2時間ね、なるほど。

成田山を満喫したりゅぢ氏はそのまま空港へと向かった。
旅人であるりゅぢ氏は何度となく空港に足を運んだが、車で来るのははじめてである。
油断すると高速に乗って抜け出せなくなってしまいそうな複雑な国道を注意深く走った。
まぁ近くから飛行機が飛び立つとこ見れればいいや、空港入ると身分チェックとかあってめんどくさいしね。と思っていたが、油断して気づいたら空港へ行くレーンから抜け出せなくなっていた。
そのまま空港侵入。


超厳重警備。

駐車場へ入るのすら厳重なる警備下に置かれていた。
ゲートが設けられ、そこには多数の警備員や警官が不審者を見つけようと手ぐすね引いて待っていた。
よもやここまでの厳重さとは、、、驚きを隠せない。
赤く点等するパトカーのランプ。
一人ひとりに来場理由を聞いて歩く警備員。
にこやかな笑顔の裏にはその言動におかしなところはないかと探るハイエナの眼が光っているに違いない。
生半可に怪しい事を答えようものならあれよあれよと言う間にテロリストに仕立て上げられ禁固30年は喰らうだろう。


『こんにちわー、ハイ、今日はどんな理由でお越しですか?』



『飛行機見たくて』


なんていえる状況ではなかった。
これだけの警備である。
こんな阿呆な理由で空港に入る阿呆をすんなり通すのなら、声を荒げてお前ら阿呆だと私は罵るだろう。

人は追い詰められた時、本性を現すという。
追い詰められていないけど私は本性を現した。


『えっと、、間違って入っちゃって・・・』


だっさーーーー!!
しかも怪しい。とても怪しい。

そんな怪しい答えにニッコリと笑顔で対応する警備員。

『ハイ、それでは誘導しますので右に行ってください。国道にでますので』

そうして私は空港にすら入れず追い出された。


『ナンバープレート○○○○、間違って進入です。間違って進入です。右方向、国道への誘導お願いします』

拡声器を使って堂々と告げられる私の阿呆な所業。
恥ずかしいっ、なんたる辱めかっ。
拡声器の声に一列に並ぶ警備員達。
ここより先へはいかせんぞとばかしに私を追いたてる。

空港を後にし、国道へと出た。
もう一度トライしようか?そうも思ったが止めておいた。
『間違って入った』と言った人間が数分後に『飛行機見たい』と戻ってくるほど怪しい事はない。

拭う事のできない敗北感に包まれ、泣きながら空港を後にした。
飛行機の飛び立つところが見たかったが仕方ない。
だが、このままでは終わらんぞ、とばかしに帰りに東京タワーに寄った。
ご存知であろうが、東京タワーはまもなく東京スカイツリーに変わられんとしているまさに敗北の象徴である。
りゅぢ氏の敗北感を分かち合えるのは今、この東京タワーを置いて他にいない。

tawa.jpg

タワーの展望台ではDJイベント的な薄ら寒い事が行われていた。
他人の曲をまるまる一曲、特に編集もキュッキュッもなく流してDJを名乗るなんとも敗北感に苛まれる光景であった。
そして青山テルマの代表曲、あの『グチグチした唄』が流れた。


『ちくしょ、やっぱ言えねぇや、また今度送るよ俺からのレター』

ソルジャさんの恥ずかしいパートが展望台に響き渡る頃、りゅぢ氏の敗北感はすっかり拭われていたという。

秩父神社

2010年06月14日 03:12

秩父神社




えぇ、先週の話なんですよ。
どーしてこうもリアルタイムを逃してしまうのだろう?
どうしたってすぐにやれない俺はダメなやつなんだ。
って、もぅ大好き。そんな自分。

埼玉県は秩父にあるそのままひねりもなしに秩父神社なのです。
この『神社の名前が書いた石と鳥居のセット』もうおなじみですね。ボクだけですか?そうですか。
まぁまぁ、ぶっちゃけこの石がなかったらどこの神社だか皆目見当つかねぇし、あった方がいいだろう?
いわば忘却への備えだよ。

朝っぱらから出かけていったんだけど、どこぞのトンネル内で人身事故発生で通行止めになっていた。
随分前の場所で警察官が多数出動し、『この先通行止めです』とな。
ふむ、結構派手な人身事故かしら?こんな朝からたいへんね。
そんなわけで、迂回してなかなか険しい山道を走った。

たどり着いた秩父で、まず健康優良娘さんがトマトを買った。
何故だかわからんがトマトを買った。
それ、いつくうの?ねぇ、トマトいつ食うの??
りゅぢ氏は大のトマト嫌いとして学会でも有名である。
トマトの無用性について論文50枚にまとめるほどの、アンチトマト学者である。
その私の目の前で、トマトを!トマトを買うなんて!!
今ここで本場イタリアも真っ青のトマト祭りを開いて真っ赤にしてやろうか?
ぐむむ・・・トメ~~~~ィト。

まぁそれはいいだろう。


さて、細かい話を書いていくとあっというまに論文50枚になってしまうので、端折ろう。はしおろうでなくハショろうだ。勉強になったか?
おみくじをやったんだ。


20100608175831.jpg


ハズれた。

まさかおみくじにハズレがあるとは思ってもみなかったぜ。
なんだい?これわ。もしかして花嫁の衣装は真っ白で『あなた色に染まります』的な甘っちょろい事抜かすが、これはあれかい?俺が染めていいのかい?俺の未来は俺が書き殴れってことかい!?
かっこいいじゃーーーん。


20100608175828.jpg


うそ。
水に濡らすと文字が浮かび上がってくる仕様。
そうなのー、大吉なの~~♪
わりとおみくじやると大吉多いのは、普段の心がけのおかげか。
いやいや、ボクがこの日の本の神々に愛されているのであろうよ。
サンキューゴッド。ボクもキミ達が好きだ。ボク自身の次に。
まぁ健康優良娘さんも大吉だったし、多いのだろうね、大吉。
そんな中、大吉じゃなかった松、、御方もいらっしゃるので、まぁ人それぞれよのぉ。


そんなこんなでまた神社巡り、今度は群馬の榛名神社に行こうと思っとります。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。