スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凡人の凡な感想。

2009年07月02日 02:33

相も変わらずサワピリカライブに行ってきた。横浜遠し。



3曲しか歌わねぇと言ってるのに横浜くんだりまで見に行ってしまうとこが、友人というよりただのおっかけに格下げである。(自虐
いんや違うぞー、海のエジプト展にも行きたかったからちょーどよかったんだぞー。(イイワケ

さて、ピリカさんの歌が好きであることはもう何度となく言ってきているので、これ以上言うと会った時照れくさいし、俺キモイ?
だから、今回同じイベントに出演されてた方でちょっと興味を持った人たちをレポろうと思う。


一番すげぇなと思ったのは松本侑子さん。
良い声してました。
音楽を語る言葉を持たないのでうまく伝えられないんだけど、また聞きたいなと。
機会があれば、ライブに行ってみようかなと。
そんくらいビビッとな。
多分全然違うんだけど、湯川潮音が思い浮かびました。
そこんとこ自分でもよく分かりません。

あとはRamicleさんがわりと好きだった。
もろマイスペースのパクリだけど、天真爛漫な感じが聞いてて楽しかった。
空色ポエムがよいかと。



以上。・・・レポってない。全然レポれてない。

でも以上。
素直にみんな歌うめぇ~なぁーと、当たり前な感想を持った凡人です。
スポンサーサイト

そんな後ろ姿に恋してるのだ

2009年06月13日 00:36

よろこんぶ。



公私ともども仲良くさせて頂いているサワピリカさんのファーストアルバムがでましたー。
まんず拍手。パチパチパチ。

歌手目指しているというのは前々から知ってたけど、やっぱりさ、そういう人間てごまんといるわけじゃない?
夢を持つのは簡単だけど、実現するのって難しいだろうし、実現に至る道のりに踏み出さずに終わることだって珍しくないでしょ。
踏み出さずに終わる。ふむ、耳に痛い。

iTunesでの配信てことで、CDデビューというわけではないんだけど、ファーストシングル、ファーストアルバム、ライブ活動などなど、着々と一歩一歩進んでいく姿に元気づけられてるんだ。
彼女ならいつか夢を現実にすると信じてる。
やー、ボクには眩しいなぁ。。その姿。

そんなわけで、友人ながらその姿勢に憧れ惹かれてまして応援しております。
ぜひに皆様にいたしましても、試聴だけでもしてみてくれたらなぁと。

試聴はコチラ→サワピリカのmy space
ファースアルバムの購入→『ラフラフ
iTunes起動するのに少し時間かかる。
ちなみに1650円で13曲。
ちなみにバラでも買えみたい。1曲150円。→トップソングスってとこクリックする。


我がコトながらにうれしいので宣伝させてもらいました。すんません。
でもよろしくー。

雨の日でも笑って

2009年06月06日 02:35

サワピリカのライブに行ってきた。



雨したたる中、下北沢までテクテクテクテク。
府中のメロスことりゅぢ氏は、友人・・・あれ?相手だれだっけ?オクタヴィアヌス?・・・まぁ、いいや、友人サワピリカさんとの約束を果たす為、下北沢のライブハウスに向かっていた。
道中、河が氾濫してたり山賊が現れたりと何かと大変ではあったが、無事時間通り間に合ってよかった。
ギリギリだった。というのも時間をカンチガイしていて、40分からだと思っていたのが20分からだったのだ。
どうしてこんなカンチガイをしたのか?“頭がアレでちょっと”だったとしか思えない。
しかし、もちまえの待ち合わせ時間よりちょっと早めに行く、えっ?それって早めっていうか・・・な性格が功を奏し、下北沢自体にはかなり早くついていた。
あれー早くつきすぎたかなー、40分も時間アルヨーとか思ってうごうごしてて、ふっと開始時間を再確認したところ、あーら、さぶちゃーんびっくり。
20分からやんけ、もう18分やんけ。

残り2分、メロスことりゅぢ氏は走った。

友よ、待っていてくれ。私は行くと言ったら必ず行く男だ。
たまに行かないこともあるが、必ず行く男だ。
だって行かないとキミが哀しむだろ?

まさにサワピリカの出番、その直前、りゅぢ氏はギリギリ滑り込みセーフ、間に合った。
張り詰めた緊張感を解き、その安堵からりゅぢ氏は大声で叫んだ。


『エイっ、、、どりっあーーーーん!!!』


エイドリアン。確かに男はそう叫んだ。
そして何の話をしているか分からなくなった。

そう、ボクシングだ。
足は肩幅、脇は締めて打ち抜くように打つべし打つべし。出したスピードと同じ速度でひきつける。
いいか、お前ら。左を制するものは世界を___違うな、この話じゃねぇな。



たびたびこのブログに登場している友人サワピリカさんのファーストアルバムがi-tunesから来週にでも発売されるそうです。
先行試聴できるんでぜひにご贔屓に。コチラ→サワピリカのmy space
個人的好みは、『あとどれくらい』と『Laugh Laugh』です。

友人というコトを抜きにして、『あとどれくらい』は大好きな曲ですんで聴いてみてくださいな。

新幹線の中でりゅぢ氏は眼を皿にする

2009年01月23日 21:00

運命は待つな、探せ拾え!なぁ、そうだろ?



サワピリカ嬢はりゅぢ氏にとって直視するに眩しすぎる生き方をしている友人である。
歌を歌う、その夢に向かい邁進し、実際ちゃくちゃくと叶えていくその勇姿はまさに眩しい。
ピリカ嬢の魅力はなんといっても楽しそうに歌うその姿にあると氏は考えている。ライブ情報→コチラ

今でこそ自作のミュージックを配信 し多くの人をその歌声で魅了する存在となったピリカ嬢であるが、以前はグリーンアテンダントという職業をなさっていた。
スッチーの新幹線版と思っていただければ、間違いない。
アテンダント時代にはピリカ嬢ほどの美貌の持ち主、やはりストーカー紛いの客もいたであろう。
実際、弱ストーカー的な方に付きまとわれた際、ピリカ嬢を救ったのは1人の紳士だったという。

『キミ、止めたまへ』

すっくと現れた紳士は一喝、弱ストーカーはすごすご退散。
まるでドラマのワンシーンかのような出来事、ピリカ嬢の感激たるや想像に難くない。
だが、話はここで終わらない。なんと、その後の復路便でも偶然かの紳士に御再開。
ピリカ嬢曰く、『運命を感じた』とのこと。
ただ、その後の発展はなんらなかったらしいのだが、氏はここで一つ、大きな教訓を得た。



『グリーンアテンダントは救え』


これに尽きる。
このようなコトがあったなら、ピリカ嬢でなくとも感謝感激、運命を感じるに違いない。
そう、我々はかの颯爽紳士の如くならねばならないのだ。

『絡まれているグリーンアテンダントはいないかぁ?』

『付きまとわれてるグリーンアテンダントはいねぇかぁ?』

氏は自分の運命の左利きのキミを探す為、眼を皿の如くしてあたりを見回した。
運命は待つものじゃない、自分から探すものだ!

心持ちはいつでも颯爽と飛び出し、『キミ、止めたまへ』と魔法の言葉を唱え、弱ストーカーを撃退紳士たらんと準備万端だ。
しかし、傍から見たらほとんどなまはげだ。気づけ、りゅぢ!


『キミ、止めためへ!アテンダントが怖がっているじゃないか!』


そう私に言ってくるオマエは誰だ?おうおう、これは颯爽紳士様じゃないですか?
まるっきり三下悪役の氏。あれ?悪役?なんで?紳士?オレ?
颯爽紳士たらんと夢見る氏は、真の颯爽紳士に退治される。
夢破れて屈辱に震える指先で彼を差し、氏は大声で言い放つ。


『オレは、オレは、、、お前になりたかったんだーーーーっ!!』



突然の意味不明な告白に、困り顔の紳士、キョトンとするアテンダント、そして『バカ』と叫び走り去るりゅぢ氏。
そうなる事が目に見えていたので、氏は自分の運命を探すのを止めた。
きっとその運命は『出会い』じゃなくて、『出会えー御用』になるだろうから。

25日の予定はいかがかな?

2008年12月19日 09:00

1年365日、1日を除いてすべて休まることないボクですが、最近思った、ほんとに思った、もう1日休みたい日があるんじゃないですか?

そう、それはもう1週間後に迫ったクリスマスさんだ。

仮にボクがクリスマスさんだったら、『毎年いってるし、今年は休んでもいいかな?』とか思いそうなもんなのに、彼ときたら毎年欠かさず必ずやってくる律儀者である。

そんなクリスマス、20歳を越えて休まることなく戦ってきたりゅぢさんですが、今年は戦士の休息的に休もうと思った。


みなさん、いかがお過ごし予定ですか?


個人的な話になりますが、ボクの友人がライブに出演します

どーせ予定なんてないんだろうから、暇だったらお越しやす。



【サワピリカライブ出演予定】




【日時】12月25日

【場所】下北沢LOFT(下北沢駅南口下車徒歩5分)
http://www.shimokitazawa-loft.com/live/
【時間】open18:30 start19:00(サワピリカ出演時間は20時頃です)
【料金】1000円


ちなみにi-tunesで曲も配信されてます。→コチラ

さらにいうと着うたも。→コチラ http://hmvfull.com/artist.php?artistid=800000000001081&qmd=1&q=%82%B3%82%ED&qopt=1&pg0=27


と、言ってもサワピリカって誰やねん?ですんで、まぁ試聴できるんでとりあえず聞いてみてください。→マイスペースはコチラ

ボクとしては、『友人が』ということもありお勧めしてるわけでもあるんですが、それ以上に彼女の歌が大好きです。もちろんサワピリカ本人も大好きです。

なんていうんですかね、嫌味なところがないというか、うんそんな感じ。

一緒にいて楽しい安らぐお人柄です。

あ、あとゴミ捨てるのがめちゃくちゃ早い。



クリスマスっても最近じゃイブとあわせて2日もあるんだし、『性』のほうはイブに任せて『声』の方ライブで楽しもうじゃないか。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。