スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りゅいーぢ

2009年11月25日 14:39

残り5キ



秘密結社『どっちかといえばドM。でもドSでもある。どっちでもいけるけど、ドSかドMどっちしか無理、つまり両極端?』の一員、りゅぢ氏でありますこんにちわ。
「これたら来て」「暇だったらおいでよ」だと行く気にならないけど、「来い」「もちろん来てくれるんでしょ?」だと行こうかなってなる精神状態です。
金曜日に悩んでます。誰か行かないか、DJ華火。


さて、私、それより中華街に行きたいです。
以前ね、8月だったかな?行った時に唐辛子のストラップを買いました。

20091125145031


曰わく、『厄をよけると1コ唐辛子が落ちる』
曰わく、『ポロポロ落ちてすぐなくなる』
と言ってたのに、平和な世界ゆえか、全く8コの唐辛子は落ちず健全だった。
が、先日2コ一気に落ちた。
カーペットに無残に転がる唐辛子。
今まで落ちなかっただけに、いきなり降ってわいた厄2コ分にりゅぢ氏はびびった。
そしてまた1コ、先日落ちた。

全8コあった唐辛子はあと5コ。
マリオでいうと、あと5キしかない。
こんなにも厄降り注ぐ世界に、5キのりゅぢ氏だけで乗り切ることができるのか否か。
どだい無理な話ではないか。その不安でりゅぢ氏は1キ死ぬ。
やはり8キ、フルで欲しい。


中華街といえば中華料理。
だがあれは一人で食べる料理じゃない。
そして先日、独りで行く中華街がいかに寂しいか体験済みだ。
うざいくらい甘栗配ってるチャイニーズにもスルーされる事実。その寂しさでりゅぢ氏は1キ死ぬ。

どうだろうか?中華街に行かないか?
できれば団体割引ききくくらいの人数で、ニーハオ言いたい。
そしてニーメンハオと言われて、少し照れよう。照れたりゅぢ氏は1キ死ぬ。

料理を注文する際は、密かに練習した『回鍋肉』を完璧な発音で頼もう。
だけどイカしたスリット、切れ込み気になるチャイナ娘は『はっ?』って顔をするんだ、きっと。
何言ってんの?この小日本人。的な。
それでりゅぢ氏は2キ死ぬ。1キはチャイナ娘の反応に傷ついて、もう1キはスリットの終着点が気になって悶え死ぬ。


ポンポンポンポンりゅぢ氏は死んでいく。こんなにも危うい世界に生きてく我々。
りゅぢ氏、100キくらい必要だ。

買いに行かねばならねば唐辛子。

案内できねーけど、みんなで行こう。っつーか行くぞ?来ない奴は置いてくからな。


そうしてりゅぢ氏は『来ない奴』だらけで独り中華街に向かう。



1キ死んだ。それは最後の本体。

ゲームオーバー、さよならユニバース
スポンサーサイト

ナザール・ボンジュウル・ジュッ、てぇ~む

2009年07月06日 12:02

くだけちった



いーつのーことーだかぁ~ぅおもうぃだしてぇごぉらぁぁぁん~~♪

6月1日でした。
わたくしめがナザール・ボンジュウを購入したのが6月1日。
手に入れたその日に携帯ストラップ・ボンジュウは、我が身を守りて散りて候。
そしてつい先日、ブレスレット・ボンジュウも弾けとんだ。泣泣泣

実に短かった。
ひと月程度のボンジュウ・ライフ。

既出ではあるが、ナザール・ボンジュウは邪視から身を守るお守り。
そう思うと、なんと邪視に溢れた世界であることよ。
我が身を清らかに保つことのむつかしきことかな。


これは危険、とばかしにさっそく新しいナザール・ボンジュウを買った。
新しいものというのは、どうしてこうもココロを沸き立たせるものか。


2代目ストラップ・ボンジュウ
20090706112423.jpg

む、かわひぃ。
目玉もさることながら、上についているもの、これじつわ、、、

20090706114206_20090706114514.jpg

ブタだ。
激☆かわ。激・豚。
たまらんちゃい。


そしてもちろん、今回の目玉はブレスレット・ボンジュウ2代目。

20090706112426.jpg


てんとう虫・ボンジュウ。
七星てんとう、8コ目の星が眼。
語るに落ちたり、8つ目がある時点で七星にあらず。

うーむ、、かわいいか、これ?
ちょっと寄生虫的なサムシングに侵された感も拭えない。
宮崎アニメに出てきそうな侵食され具合だ。

しかし、この微妙なキモイかかわいいか?のラインがたまらない。
というか、ナザール・ボンジュウラブ。LOVEずっきゅん。

どうだろうか?少しは興味持ってもらえたか?
ナザール・ボンジュウ欲しくなった?
というか、そもそもこれを可愛いと感じてないか?


『え、かわいい?そうですか??んと、、、どこらへんが?』


実生活で女性の方からそう言われたので、少し改めた方がいいのかもしれない。
シャンプーハットみたいなのを首に巻いたザビエールさんが、

『クイアラタメナサイ、クイアラタメナサーイ』

言ってる。
あわわ、あわわわ、悔い改めま、、せん!
しかしもしかして、ナザール・ボンジュウはかわいくないのかもしれない。
いやな、まさか、、、そんなはずわ・・・ない!

お前の感性が阿呆なんじゃい。
シャンプーハットは首に巻くモンじゃありません!

疑わしきモノ、嫌なコトは眼をつぶってみない。顔も向けない。
そうやって生きていく。これからも。
ナザール・ボンジュウはカワイイ。
みんな大好きナザール・ボンジュウ。


今日、秘密結社『ナザール・ボンジュウル・ジュッ、てぇ~む』発足。
会員募集中。


えーと、、ほんとにかわいくないのか???


初代ナザール・ボンジュウの御姿

それは辛いと言わない

2009年02月22日 09:00

ロシアンルーレットはどきどきだ。



先日飲んだ際、ロシアンルーレットを模したポテトを食べた。

一つだけ激辛だと謳うポテイト、その数たるや4つ、我々も4人。

慎重かつ大胆にここは選んでいきたい。


我々は知っている。

古くから伝えられる物語により教訓をえている。

いかなる事態にもこの2つのルールさえ守れば、物事は万事良き方へと向かっていくものだ。

その2つとはいわずもがな『残り物には福がある』『大きいツヅラと小さいツヅラ、選ぶなら小さい方』である。


そのようなことを考えているうちに、氏の前には一つのポテイトのみ残されていた。

気づいたら選ぶ権利すらなかったようだ。

しかし落ち着け、『残り物には福がある』でなかったか?思わぬ行幸ここにあり。

よっく見ると他のよりもコイツは小さい。さらに小林のを見ると赤い粉吹いてるじゃないか。

ぷぷぷ、こいつは絶対あれだ。小林のがハズレに違いない。


そこで氏は慎重に考えゴトをしてた結果、選ぶ権利すらなく残されてしまった残りの1つを大胆にも選ぶ。

そして一斉にみなと共に口に運ぶ。

さぁ、叫べ、小林。辛いのだろう辛いのだろう??



「えっと、多分オレのだと思う・・・」



あんま辛くねぇんだ。


辛いのを当てた、ロシアンルーレットに負けたのが氏であることになんら不満はないのであるが、あんま辛くなく拍子抜けしてしまいかんばしいリアクションが取れなかったコトが大いに不満だ。

むしろ『ハズレをあてたのがりゅぢ氏であることが自体ハズレ』的な空気が不満である。


しかし諸君、私は大いに訴えたいと思う。

辛い時、『かっらー』と叫ぶくらいの辛さは偽物であると。

本当に辛いとき、人はまず悩むのだよ。

天に悩み、地に悩み、何故こんなにも辛くしたのだということをコメカミに手を当てて無言で悩むのが本当の辛さだ。そして最後にトイレで悩む。


氏はこれでも世の著名な辛いの大好き人たちによる秘密結社『母さん、ケツの穴が限界です』の一員である。

この程度の辛さ、全く持って「ぐぅ」の音すらでぬほど許容範囲であった。


そんな氏も、辛さに本気で悩んだ些細な出来事があったのだが、それはまた今度にでも。

冬という季節はBBQの季節ではない

2009年01月12日 09:00

『すげぇ美人なオカマとすげぇブッサイクな女、どっちがいい?』

→どっちもイヤです。普通の女性にしてください。



この寒空のもと、なぜボクらは肉を焼くのだろうか?

それはBBQだからだ。

そうか、なるほど。『BBQだから肉を焼く』、もっともな理由だ。

ならば続けて問おう。

焼けた肉をパッと皿に取り、口に運ぶとそれはすでに冷たいのはなぜか?

それは焼けてないからだ。

否!

十分に焼けている。冷たいのは寒いからだ、冬だからだ。


何故こんなことになったのだろうか?

ボクらは望んでBBQをやったはずだが、寒さに心身をやられ『何故?』という思いが拭えない。

拭えないけど拭いたい、その思いが暖を求め炭と身体の距離を近づける。

前身は熱い、だが後身は寒い。さながら焼かれているホッケの気持ち。


何故?


そう主催者に問えば、『BBQしたいってりゅぢさん言った』と答えるだろう。

えぇ、そうです。やりたいって言ったのは他ならぬボクでした。

しかしですね、ならば言わせてもらいますけど奥さん、あなた言いました



『BBQとパターゴルフ、どっちがしたいですか?』



って、2択っ!

ねぇ、2択なの!?


というか、パターゴルフは選択肢に入れるべきか?

選ぶのか?パターゴルフ??

ごめん、今日の秘密結社の集会内容に『パターゴルフ』が入る日がこようとは夢にも思ってなかった。



とか言いつつBBQはやはり楽しいものだ。

驚くべきコトに、この寒いなか結構多くの人がBBQを楽しんでいた。

寒すぎて頭おかしくなったんじゃないか?

そう思ったけど、仮にこの広いスペースにBBQやっているの自分らだけ。

そんなこと想像しただけで視界が滲む。

涙で肉が塩味になるところだっただろう。

そういった意味ではありがたい彼らは戦友だった。



『諸君!友よ!今日は肉を焼こう!この寒風を吹き飛ばす炎を天にまで登らせよ!』



熱っ、


前はよいよい、後ろは寒い。

黒い水同盟各位

2008年03月09日 09:00

コーラの大きいペットボトルが安かったんで買った。

ボクはコーラが大好きでしてね、、大きな声じゃ言えないが、かの秘密結社『黒い水同盟』の一員だ。

一番うまいのはマックのコーラ。

こいつは異論を挟ませないぜ。

炭酸の抜け具合、温度ともに申し分ない。


そいつはともかくそのペットボトルが1リットル近く残したところで、蓋が開かない。

フタがあかねぇよ。

どうすれば開くんだ?

『黒い水同盟』の諸君、頼む助けてくれ。


手が悲鳴をあげている。

ボクはもうこいつと3時間近く格闘してる・・・



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。