スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルトウキョー殺人課

2011年02月14日 06:18

ゆがみ



ヤッチマッタナー!
一言で表せばこうなる。
ガチで歪んだ日本観、制作に日本人が皆無だったんだろうか、誰かひとりでも疑問に思わなかったんだろうか?まさに疑問だけが流れる画面を眺め一時間強の映画が終わった。
かのブルース・リーの息子、ブランドン・リー出演だが、わずか5、6本で逝去した彼の経歴にこの映画が入ってる事は汚点と言える。

まずしゃべってる日本語がカタコトすぎて分からない。カタコトすぎる上、予想外すぎるセリフの二重苦で英語字幕をみて内容がわかる具合だ。
日本に生まれ日本育ち、相当のヒアリング能力をもってしても一度で聞き取るのは容易ではない。

捕まえたヤクザに尋問
『オヤブンハドコダー×2』
親分て、、

敵のアジト(盆栽クラブ!)でボスを目の前に
『アタラシイケイエイシャトハナセマスカー』
あれ?なんか礼儀正しい?

銃を持った敵に囲まれて
『ロサンゼルスノケイカンヲフタリモコロスノハヨクナーイ』
道徳の時間?


筋肉モリモリのやんちゃ警官がヤクザにしゃべる内容ではない、断じてない。
いつ謎の日本語が飛び出すかビクビクしながら聴覚を研ぎ澄ます。


『刺身は無理だ、ナマモノは体質的に受け付けない』という相棒に、女体盛りを前にして『皿もナマだ』となんかウマいこと言ってた。

ラストではひとり浮きまくった『なんのカッコ?』といういでたちで銃撃戦。
頭に巻いた『闘●魂』と書かれたハチマキ、猪木じゃないんだし闘魂はないだろう、『神●風』くらいで妥協して欲しかった。


そういったワケで妥協のない、全力で間違った想像のユートピア日本が観れる、実にオモシロイ映画だった。
スポンサーサイト

ドグラマグラ

2010年10月18日 23:05

長かった!



なんとか読み終わることができた。
そして面白かった。


思うに上下巻あるんだが、こんなに長くなくていんじゃないかな?と。
小説の中に論文ぽいものが数本入ってるという変わった構成だが、論文ぽいものがいらない。
そこの読みづらさといったらもうありえんくらいで、挫折ポイントであること間違いない。

しかし何よりも問題なのはこの表紙。




この買いづらい表紙のものを上下で二冊も買ったりゅぢ氏の英断!
すごいっ、エライ!


オススメはしないが、内容は面白かったゾ。

どうしたもんか

2010年06月04日 02:29

りゅぢ氏、命の儚さを知る(真面目に)



念願のビルマVJを観てきた。
どーせ軍政憎しのアウンサンスーチー万歳でしょと批判する気満々で望んだのだが、思いのほか面白くこの批判魂どこにやろうか?
主眼がもちろんビルマの体制批判にあるのだが、それよりも現状を伝えようとするジャーナリズムに置かれてる気がして熱いパトスを感じた。
そして88年に起きた学生デモから19年ごしのデモ。
誰もが『ようやく国が変わる』と期待したデモ。
『この時を19年待った』と言うビルマ人革命家の言葉に涙を流す。
また数え切れない多数のヤンゴン市民が参加するデモ行進に希望の大きさを知り感動して泣く。

その希望の行進にまさかの軍隊による発砲。
長井某が撃たれ死亡。
直前の映像が流れたが、ひとりポツンと最前線でカメラをまわす姿。
動物園かよ、と見間違うばかりの後ろ姿だった。

そんな牧歌的姿もパーンと乾いた音が響いた刹那、ただのタンパク質の塊に変わっちゃうのね。
死体を運ぶのどうすると思う?担架で運ぶんじゃないんだぜ?
大人4人で手足をそれぞれ持って、まるで養豚場で屠殺された豚のように運ばれる。


ジャーナリストとして崇高な理念を持ってミャンマーに入ったにしろ、ただの危機管理できずに殺されたにしろ、日本から遠く離れた国で一瞬で殺され、いきついたのが養豚場の豚じゃあまりにも救われないよな。

ビルマ人が自分の国の現状を外に伝えようと命を掛けるのは理解できる。
果たして日本人がそれをする必要があったのか、ボクには分からない。
あの国の現状を馴染みの薄い日本人に伝えて何になるのか?クリスマスに起きた中国かどっかの火災を『聖なる日に悲しいニュースです』と悲壮的に伝えるような、あえてそれを伝える必要ある?といった類の白々しさを拭えない。

どうしたもんか。どうしたもんか。

なんだコノッ、土屋!

2010年05月10日 13:07

まだぷりぷりしてる



さりとて『さくらん』もぷりぷりりゅぢ氏。
これまたツマランものを観てしまった。
なんという演技力のなさ。
彼女が口を開くたびに背筋が凍るような薄らサブさが流れる。

特に椎名林檎が好きなわけではないが、音楽はすばらしかった。
雰囲気というか、この艶っぽい世界には彼女の声がよく合う。

だが話のすべてを台無しにする土屋のヤンキー。
『ICHI』でみせた窪塚くんのヤンキー。
ヤンキーはもうダメなんだって。
時代劇系でヤンキーを使うのはダメなんだって。

乳揉まれ乳揉まれ乳揉まれる。
菅野美穂乳揉まれる。木村も同じ。
乳出しはダメなのに、揉まれるのは揉み放題。
これもまた謎めいた奥深い世界である。

とりあえず今日のりゅぢ氏、ロマンチックとぷりぷりが止まらない。



【レビュー更新:さくらん

ボンボンじゃ戦えねぇ

2010年04月30日 14:45

こんな映画あったよ。


ZVC ゾンビVSチアガール [DVD]ZVC ゾンビVSチアガール [DVD]
(2010/03/12)
ジェミー・アン・ブラウンクリス・ホワイト

商品詳細を見る



『ゾンビ VS チアガール』



まぁ、負けるよね。。



『観ていて悲しくなる』ほどお粗末な内容らしい。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。