スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紳士な嗜み

2014年09月06日 13:52

クリストファー・ノーランに謝れ



ある日ある時、わたくしりゅぢ氏は計算をしていた。それぞれの俳優、監督が一体どれほどの人気があって、どんくらいの売り上げを取れているのだろうと。名前を書き出し先月まるっとひと月分の金額を記入していく。

ところで外人の名前は長い。ブラット・ピットですらブラピと略すくらいなので、そりゃもう他のやつらなんてむしろ略した方が正式名称だといっても過言ではない。アンジェリーナ・ジョリーだっけ?いやアンジョリーナ・ジェリーじゃね?なんて問題もアンジーで全て解決さ。レオナルド・ディカプリオもディカプリオどころかブリオで十分。
そうやって略した名前を紙に書き出していくうちにぶつかったクリストファー・ノーランの壁。ふむ、お前はクリでよかろうと瞬殺したものの隣に座る女性の存在が気になって、クリという文字がやけに卑猥なワードな気がしてならない。もし彼女がチラリと横目でこの紙を視界におさめ、クリと書いてあるのを見た時軽蔑、まではいかないかもしれないが、気まずい感じにならないだろうか?
そう思い至り、紳士な私はクリと書いたそれにあわててスを足した。

クリス

あれ?なんかもっといやらしい感じになってない?イヤイヤそんなはずはないだろう。私の頭の中にいろんなクリスさんが思い浮かんだが、最終的には“つまりそれを略してクリス”みたいな結論に至った。あわてて私はトまで書いた。仕方がない、クリストファーなのでクリスの次はトだ。


クリスト

なんかビミョーに違うがもうここまで書いたら終着点ははっきり見えている。私じゃなくてもロスと書き足したくなる。だってみんな大好きロサンジェルス!


最終的に、クリストファー・ノーランさんと書いておいた。なんか名前で遊んでしまった申し訳なさから敬称つきでクリストファー・ノーランさん。略すという本来の目的を見失って右往左往した結果がこれだ。

そうして私の書き出した紙には以下のような名前が並んでいる。

あんじー
ぶりお
ぶらぴ
ましまこ
ぺどろ
いーすと
くるにー
クリストファー・ノーランさん



すげぇ浮いている。
スポンサーサイト

青い鳥を探してたどり着いた先に

2013年10月06日 09:17

筋肉でした。



世の中やっぱり最後に信じるべきものは愛だよね。いや、お金でしょ。違います、筋肉でした。
最近私は筋トレにはまっている。何をどう思ったか今ではもうトンと思い出せないがある日腹筋ローラーを買ったんだ。これが楽しくて毎日毎日コロコロコロコロと転がしている。あらあらりゅぢさん新しいお仕事かしら?ってくらい転がしている。
するとどうだろう?最初はあり得ない筋肉痛に襲われた。当たり前だ。そしてYouTubeにアップされているように身体を一直線になんてとても無理だった。
ところが毎日やっているうちに一直線が出来るようになった。キミはウソをついたことがあるだろう?それこそ今まで食べたパンの枚数ほどウソをついてきただろう?誰だってそうだ。私だってそうだ。だが巷でまことしやかに言われているように、筋肉はウソをつかない。このことを身を持って知った。

ご、ゴン、、、お前いいやつだったんだな!

私は今の今まで筋肉というものをおろそかにしてきた。苦労してまで手に入れる必要あるか?日常生活おくれてんじゃん。筋トレしてまで手に入れる筋肉は無用の長物である。そう思ってきた。
だが、こんなにも純粋に私のことを待っていてくれたのは筋肉、キミだけだったんだ!!
目から鱗、ゴンギツネ!な出来事。

とりあえず何はともあれ目先の目標が必要だ。ただただやみくもに筋トレしてればいいというものではない。ヘナチョコヒーローはヒットガールと組んだことで本物のヒーローになった。ならば私もヒットガールと出会い府中の街を一身に守りたいと思う、シックスパックとして!!
もともと人の腹筋は割れているらしく、割れて見えないのは贅肉があるからだと。なので、贅肉を落とし腹筋を鍛えることでクッキリ割れたお腹が手にはいるらしい。なるほど、指標は立った!!

そういえば最近やけに寒くなりましたね。というわけで、秋物の上着を買いに行ったんです。何店舗か物色しているうちに、思ったんです。

最近寒くなってきたな、朝走る時。

帰り道、私の手にあったのはランニング用の上着とタイツでした。どうした秋物衣料?

もう何が何だか分からない。一体私は何を目指しどこに行くのか?目先の、ではなく人生そのものに目標が必要だ。五里霧中、右往左往ではやるせない。うわさでは七年後東京オリンピックが開かれるらしい。


それか!

サンドウィッチ伯爵の午後

2013年09月08日 12:39

それこそが根比べだ。



ハンバーガーはお好きですか?そう聞かれれば、『別に』と答える。マクドナルドの低価格はハンバーガーの地位低下に多大な貢献をしたことだろう。その貢献とは裏腹に、ごくごく低価格のもの以外はわりと高いゾという落し穴。私としては、ポテト、そうポテト。あいつの存在意義が見出せない。セットにするとついてくるアイツ。・・・いらないだろう。完全に抱き合わせ販売。嫌いなものから食べる私の性分としては、真っ先にポテトを片付けなくてはならないのに、量が結構あるという嫌々な現実に苦しめられてきた。ゆえに私はファーストフードなぞ、好んで行かない。

そもそもの話、あれらがうまいか?と聞かれれば、『別に』と答える。まぁ味の好みなど千差万別だが、うまいまずいを議論するのもバカバカしい類のものだと思う。よりおいしいハンバーガーを求めるならモスとかになるのだろうか。そこでモスに行ってみて思うのである。この値段だったら弁当買うか??

テレビで見かけたハンバーガーのお店ではゆうに1000円を超える代物を提供していた。特大だったり、素材にこだわってたりするのだろうが、やはり思う。その値段だったら違うモノ食べたいな。そもそもハンバーガーはお手軽に食べれる事が利点なのだろうから、素材やらにこだわりだすのは何か間違っている気がすると原則重視の私は思うのである。

その成り立ちを知らないが、サンドウィッチと同じようなものだろうと想像する。今は懐かしのジャポニカ学習帳にサンドウィッチ伯爵の話が載っており、私は今の今までサンドウィッチ伯爵がサンドウィッチを発明したのだとばかり思っていたが、当のサンドウィッチ伯爵ジョン・モンタギュー氏はサンドウィッチを発明したわけでもなく、またサンドウィッチを推奨したわけでもないということを知り、『んじゃーサンドウィッチってなんなのよ!?』とその構成要素をサンドとウィッチに分解して投げつけてやりたい衝動にかられた。

まさか、日本で一番有名な伯爵であられるサンドウィッチ伯爵がガセネタだったとわ。


ここで私はハタと思い至った。『はたして日本で一番有名な伯爵は本当にサンドウィッチ伯爵か』。
伯爵というワードを元に記憶の道筋を辿ると行き着く先には“オ○ニー伯爵”が満面の笑みで立っていた。サンドウィッチ伯爵とオ○ニー伯爵を同列に並べてよいものかと悩んだが、その有名ぶりはまさに竜虎の争い、甲乙付けがたし。だが私は首をかしげた。『オ○ニーさんは伯爵だったか?』

そこで調べてみると、出典は旧約聖書の「創世記」38章に出てくるオナンさんだった。ぜんぜん伯爵じゃねーし名前“オナン”だし。
【兄が早死にしたオナンは子孫を残すべく兄嫁のタマルと結婚させられた。だが兄のために子を残す事を嫌い、イクときは棒を穴から出して地に精液を垂らして避妊した。この行為は主の怒りに触れ、主によってオナンは命を絶たれた。】

命がけじゃねぇか。

歴史において、我々はその権利を獲得する過程で血を流してきた。選挙権であったり人権であったり、今普通に当然あるとされているものは流された血の代償である事を忘れてはならない。そう、オ○ニーすら。
いわば草分け的初代はその行為ゆえに血どころか精液、ひいては命を落とし、誰もが直接的にしろ間接的にしろ名を知る歴史上?最も有名な男はなんつーかもうくっだらねぇ死に方したもんだ。

ところでwikiをみてみるに、オ○ニーが聖書でいうところの罪に値するかどうかが古来より議論の的であるらしい。この“古来より”ってところに私は胸トキメかせる。
例えば375年、ゲルマン民族の大移動が始まり、この100年のちくらいに西ローマ帝国は滅亡。未曾有の混乱の中、私たちは話し合う。

『はたしてオ○ニーは有罪か?』

例えば751年、キルギスのタラス河畔で起こった唐とアッバース朝の戦いによって、製紙法が西側に伝わった世界史上大きな出来事。ちょうど唐軍の捕虜から製紙法を聞き出しているまさにその時、この時も私たちは話し合っていた。

『はたしてオ○ニーは有罪か?』

例えば1189年からオールスターともいえる第三回十字軍がおこる。ヨーロッパから向かうのは中世において騎士の模範とされた獅子心王リチャード一世。対するはイスラムの英雄サラディン。歴史に残る熱い戦いが行われている最中、リチャード一世の勝利を確信し、戦の行く末そっちのけで私たちはツバを飛ばしあっていた。

『はたしてオ○ニー(ry』

そして2013年、ローマでは数百年ぶりに生存中の法王交代劇、コンクラーべで湧き上がっていた。そんな中私は声を大にして叫ぶ。

『もう許してください!』


私はこんなことで裁判にかけられるのはまっぴらごめんである。
汝まことにイタシタのか?
と詰問され、イエスと答えようものなら多くの聴衆たちが『おぉ神よ』と首を振って嘆く。嘆くな、子羊たちよ。


キミはまだ許さないのか?私はすでに私を許しているというのに。

ラストマン・スタンディング

2013年08月12日 23:26

パレートの法則



こんな話を知ってるだろうか?
アクセクと動き回っている働き蟻のうち、よっく観察してみると約2割はどうみても働いていない。全体の8割は働いているが、残りの2割、この2割はどうにもサボっているようだ。
なので、このサボっている2割をグループから排除してみたところ、今まで働いていた8割のうちの2割がやっぱり働かなくなってしまった。
逆に働かなかった2割のうち、その中の8割はなんと働き出したそうな。


考えてみよう。
千匹の蟻がいたとして、働き蟻800と働かない蟻200に別れる。働かない200を隔離すると、160の働き蟻と40の働かない蟻に別れる。さらにその働かない蟻40を分離すると、、、

こうやって働かない方をどんどん追い込んでいくと、最終的にどうあがいても働かない、箸にも棒にもかからない究極の働かない蟻である最後の1匹にまでたどり着く事ができるだろう。


その1匹にこそ、私はなりたい。

ほどほどにな

2013年07月28日 18:30

その言葉を知れ



最近、私は泳ぐ事を覚えた。いや泳ぎそのものは昔から『泳ぐたいやきさん』と相変わらず“さん”付けで陰口叩かれるほどに得意であったが、近所の温水プールに行くことを覚えたのだ。日々運動に勤しむ姿が近所の人に目撃されている次第である。
ところで、義務教育の期間に『プール』という授業があったが、あれが終わって幾数年、キミたちは全力で泳ぐことなどあったか?あったのか?私はなかったと胸を張って答えよう。そもそもちょっと微妙に恥ずかしがり屋さんな私はプールに行かない。ましてや遊園地のとかほんと敷居が高いっす。そんなわけで申し訳程度に、人様にいうのも恥ずかしいくらいほんと申し訳程度に海外の白い砂浜青い海、ほぼ自分ひとりのプライベートビーチには1件のカフェしかない、といった所でただヴァカンスするのみであった。
ゆえに、水着が二者択一なのである。

スクール水着か若干ヴァカンスか。


ここで近所の温水プールに行くにあたり、大変悩んだ。スクール水着はないが、かといって若干ヴァカンスもどうだろう?
しかしながらスクール水着はまずいだろうと結論を出し、結局のところ若干ヴァカンスで繰り出していったところ、まぁ浮いた。まわりはスパッツみたいな水着だらけである。しかし私はヴァカンスだ。その日は泣く泣くアウェイ感を満喫しつつ、次の日にはスパッツのような水着を買った。

これでもう怖いものはなにもない。

そうしてプールに勤しむ毎日だったが、近所といえど微妙に歩くのはめんどい。なので車で通ってたが駐車代が100円かかる。
たいした額ではないが、なんとなくもったいないなぁと思っていたところにサードアイがバッカと開く文字が目に飛び込んできた。


自転車

運動不足には自転車だね。なるほどそのとおりだ。そうして私は自転車を買った。
私の性格を存じている方には蛇足極まりない話だが、カタチから入るタイプである。そしてやるなら本気一歩手前。平たくいえばいい自転車が必要だ。
そんなわけで買ったのはMASIという自転車で11万くらいした。


普通のロードバイクではなくミニベロってあたりが、“そういうんじゃないですよ~”感溢れる本気一歩手前具合である。なにが可愛いかってトップチューブが二本になっており、この細身のシルエットもまたたまらない。


こいつで颯爽とプールに赴き泳いでまた跨って帰ってくる。なんとも素敵なスポーツライフではないか。

ところが。

無駄に高価な自転車なので、駐輪場に止めておくのが不安すぎる。軽いのでパクられそうだ。そんなわけでプールには相変わらず車で通う日々なのであった。

スイム、自転車、ラン。トライアスロンを繰り返す日々で、去年より8キロ痩せた。健康になりたくて始めたスポーツだが、毎日2~3時間も運動する日々なのでどうにも疲れが抜けずに大変不健康だ。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。